2018年11月12日14時05分

体調の緊急性を判断できるチャットボット「ドクターQ」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
dq

 NAMは11月9日、医療用緊急性判断チャットボット「ドクターQ」において、大幅なアップデートを実施したと発表。

 ドクターQは、症状を伝えることで、ユーザーの体調の緊急性を判断するシステム。これまではボタン式の対話だったが、より柔軟な情報取得に特化した自然対話型へと転換した。

 また、日本語対応のLINEボットのみの提供だけでなく、Telegram、Facebook Messenger、TwitterなどのSNSプラットフォームに対応。団塊世代以上のシニア層も不便なく使用できるようスマートスピーカー対応にも取り組んでいくという。

 さらに、ドクターQに集まってくるデータの品質と可視性を担保するためブロックチェーンを利用。貯蓄されるデータは、ただのAIボットの対話データに止まらず、改ざんされていない生データであり安心して二次利用できる貴重なデータになるとしている。

dq

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking