2018年09月06日09時00分

さくらの石狩データセンター、停電によるサービス障害から復旧

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 2018年9月6日、さくらインターネットは同日未明に北海道で起こった地震の影響で、石狩データセンターの一部のサービスに障害が発生したことを発表。8時4分にサービスの回復が確認された。

SD
地震の影響を受けたさくらインターネットの石狩データセンター

 サービスに接続できなくなったのは、石狩第2ゾーンで運用されるさくらの専用サーバの一部。5時53分の発表によると、さくらの専用サーバの給電回路を収容している一部のUPSにおいて、停電に伴う電源切替時に動作異常が発生したという。7時44分にはUPSの機能を回復し、給電を再開し、8時4分にサービスの回復を確認したと発表されている。

 9月6日の地震では、石狩も震度5弱を記録している。道内全域で大規模な停電が起こっており、現在石狩データセンターも北海道電力による特別高圧送電が停止中。現在は無給油48時間の自家発電設備での運用に切り替えている。

初出時、9月6日の12時から緊急メンテナンスが行なわれる旨を記載しましたが、地震対応とは関係ないメンテナンスである旨、さくらインターネットから連絡を受けましたので、お詫びの上、訂正します。本文は訂正済みです。緊急メンテナンス自体も延期になり、日程は再度アナウンスされるとのこと。[延期]さくらのクラウド(石狩第1ゾーン ネットワーク)を参照のこと。(2018年9月6日 11時40分)

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking