2018年09月03日16時00分

ソーシャルVR「Hubs」リンク1つで共有可能に

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
1

 ウェブブラウザFirefoxで知られるMozilla(モジラ)は、VRでアバターコミュニケーションができるソーシャルVRプラットフォーム「Hubs」の初となる大幅アップデートを発表した。動画や写真、3Dコンテンツをリンク1つで共有可能になる。

 たとえば、動画をシェアしたい場合は、そのURLをペーストするだけ。HubsにPCやスマホ、VRデバイスでログインし、該当するリンクを選べばすぐにVR内で動画を視聴できる。動画を映す場所をVR空間内で動かし、同じ空間にいるメンバーに見せることも可能。

 「imgur」や「Giphy」などの画像共有サービスに対応。Sketchfabの3Dのコンテンツや、3Dファイル形式GLTFもサポートしている。ウェブ上でなく、デバイスのローカルフォルダに保存されている写真やドキュメントの共有ができる。

 「ソーシャルVR」とは、VR内でアバターを使ってコミュニケーションをとることのできるコンテンツの総称。多くはアプリケーションの形で提供されているが、Hubsはブラウザをベースとし、VRデバイスが無くてもURLにアクセスするだけで参加できる。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking