2018年05月24日18時40分

ネットワークカメラで店舗の人数計測や滞留分析などができる「NCaaS」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
n

 IIJグローバルソリューションズは5月24日、ネットワークカメラに回線、データ解析/可視化ツールなどをパッケージ化し、サービスとして提供する「Network Camera as a Service(以下、NCaaS)」を販売開始した。

 NCaaSは、スウェーデンのアクシスコミュニケーションズ(AXIS)製のサービスで、ネットワークカメラや回線、クラウド、データ解析ツールなど、サービスの調達から構築、運用まで、ワンストップでサポートする。ネットワークカメラで収集したデータは、「IIJモバイルサービス」を経由してIIJのクラウドサービス「IIJ GIOサービス」に蓄積。カメラとクラウド間は閉域網でセキュアなネットワークを構築するため、ユーザーはより安全な環境で情報の取扱いができるとしている。

 ネットワークカメラは、通過人数と入出店情報をリアルタイムに計測する「人数計測ネットワークカメラ」や、特定エリア内の滞留人数データを収集する「滞留分析ネットワークカメラ」、顔画像データから性別、年齢層などの属性を解析する「属性解析ネットワークカメラ」を取り扱っている。

 サービスはカメラを設置するだけで、店舗側にサーバーなどを設置する必要もなく、容易に導入が可能。ネットワークカメラから収集した各種統計データはPCやタブレットなどからブラウザー経由でいつでも参照でき、POSなど他システムとの連携もできるため、店内行動から購買までの分析に活用できるとしている。

 サービスを導入することで、ネットワークカメラで店舗状況や客の行動情報をリアルタイムに可視化、把握できる。動線の改良や販売促進施策の改善など、来店を確実に購買に結びつけるためのマーケティング活動に活用することで、売上拡大、購買率向上を実現するとしている。

 費用はネットワーク機器買い取りの場合、初期費用は18万円からで、月額は5000円から。ネットワーク機器をレンタルする場合は初期費用はなく、月額1万5000円。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking