2018年05月21日21時00分

犬や猫が写っている映像だけiPhoneに送るペット見守りサービス

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
p

 東京電力エナジーパートナーは5月21日、IoTを活用した「TEPCO スマートホーム」で、留守中に自宅のペットを見守れるサービス「ペットみるん」を追加した。サービス提供は同日から。

p

 ペットみるんは、自宅に設置したネットワークカメラのデータから、ディープラーニングの技術を活用し、ペットが写っている映像だけを飼い主のスマートフォンに送るサービス。対象のペットは犬と猫。

p

 ペットの「水飲み」「ごはん」「トイレ」の回数をグラフで確認できる機能もあり、ペットの行動変化に気づけるようになっている。そのほか、動画や画像をアルバムとして保存し、直接SNSへシェアできる機能も付いている。

p
TS-WRLP

 サービスの利用は、アプリ「ペットみるん」をスマホにインストールし、カメラレンタルを申し込むか、アイ・オー・データのカメラ「TS-WRLP」を購入する。カメラを自宅に設置し、アプリで設定/会員登録できるようになる。アプリはiOSに対応している。

 アプリの利用料は月額1350円。カメラのレンタルには初期手数料1080円と、月額540円のレンタル料が発生する。

 サービスの提供開始にともない、実際に使用した感想などをアンケートで回答しSNSでシェアできる人を対象に、最大2ヵ月間サービス料金が無料となる「体験モニターキャンペーン」も実施する。 キャンペーンの募集人数は100人で、募集期間は5月21日から6月17日まで。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking