2018年04月25日16時30分

YKK APがAI搭載の未来型玄関ドア「UPDATE GATE」発表

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
YKK未来ドア
未来ドア「UPDATE GATE」

 YKK APは4月25日、AIや顔認証システムを搭載した玄関ドア「UPDATE GATE」を発表した。2020年の発売を予定している。

 建材の未来を追求する「未来窓プロジェクト」として2016年よりスタートしているプロジェクトによるもの。今回新たに窓からドアへと対象を移し、Will Smartと共同で開発。NTTドコモのAIエージェントを活用し、出かける際に交通情報や天気情報など、家族ひとりひとりに合った情報を通知するという。また、顔認証で人を判別することから自動開閉のセキュリティー、高齢者やペットの見守り、宅配業者とのやりとりなども想定している。

YKK未来ドア
内側のディスプレーには家族ひとりひとりに応じた情報を表示 

 AI学習機能は毎日の生活を記録し、通学・通勤の時間の電車情報や天気予報、ゴミの日といった情報などをリマインド。ドアにハンドルが付いておらず、センサーと顔認識で自動開閉するセキュリティー機能を搭載。ドア内側の55型ディスプレーに加えてドア外側には49型ディスプレー×2を搭載。外側は動画や静止画を表示してデザインを楽しめるとしている。

YKK未来ドア
AIエージェントが学習し、電車情報や天気、さまざまなレコメンドを表示する

 UPDATE GATEはYKK APショールーム新宿(東京都渋谷区代々木2-1-5 JR南新宿ビル8F)の特設ギャラリーにて4月26日より一般公開する。展示時間は10時~17時、毎週水曜休館(祝日は開館、年末年始と夏季休暇日は休館)。

YKK未来ドア
顔認証によって自動開閉するためドアハンドルがない(左)、外側のディスプレーには動画や静止画などコンテンツを表示してデザインを楽しめる 

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking