2018年04月19日12時00分

バーチャルYouTuberなどで使うアバターファイルの共通フォーマット「VRM」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
v

 ドワンゴは4月16日、VR向け・新3Dアバターファイルフォーマット「VRM」を提供開始した。

 VRMはプラットフォーム共通のファイル形式で、対応アプリケーションすべてにおいて同じアバター(3Dモデル)データを使えるので、人型のキャラクター・アバターを取り扱いやすいことが特徴。無料で公開している「UniVRM」というライブラリを使用すれば、UnityでVRMファイルを読み書きするできるようになる。フォーマット自体はプラットフォーム非依存であるため、他エンジンや環境でも利用できるという。

 「ネットワークに相互接続されたアバターによるVRコミュニケーション」の際、自分のアバターデータをほかの人から自分の姿が見えるように、ほかのユーザへ送信するケースがある。 この場合、従来の考え方に基づく「再配布」規定だけでは対応できない場面が考えられるため、VRMでは「モデルデータ自体に対しての改変・再配布規定(Creative Commonsなどから設定可能)」や「モデルデータを使用して“人格を演じる”ことについての許諾規定」をファイルに設定できるなどの設計をしているとのこと。

 VRM形式は無料で使用できるようオープンソースで公開している。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking