2017年09月13日14時30分

iOS 11の新機能をおさらい

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

iOS 11でiPadがMacのように使えるかも

11

 続いてはiPadで使えるiOS 11の機能を紹介します。見た目もMacにそっくりな「Dock」利用や、アプリ間のドラッグ&ドロップ対応、そして「ファイル」アプリの搭載が目を引きます。よりパソコンのように使える、と言えるかもしれません。順に見ていきましょう。

「ファイル」アプリで管理可能に

11

 新しい標準アプリとして「ファイル」が追加。iOS 10以前ではアプリごとにファイルを管理していますが、iOS 11ではデバイスで一括してファイルを管理します。フォルダを作って他のファイルを作ったり、その中にさらにフォルダを作ったりできます。

 デバイス上、iCloud Drive、Dropbox(先述のHEVC、HEIF形式にも対応しました)など、どこにファイルを保存していても、すべてのファイルを1つの場所にまとめられます。なお、ファイルアプリはiPhoneにも対応していますが、後述するドラッグ&ドロップ機能が使えるのはiPadのみです。

画面下にいつでも使える「Dock」追加

11

 iPadにカスタマイズ可能な「Dock」が使えるようになりました。どの画面からでも、よく使うアプリケーションや書類にアクセスできます。スワイプするだけでアプリケーションを開いたり切り替えられるほか、最近開いたアプリケーションと、iPhoneやMac上で現在開いているアプリケーションが、Dockの右側に表示されます。

マルチタスクがパワーアップ

11

 マルチタスキング機能が強化。2つ目のアプリケーションをDockから直接開けるほか、Split ViewとSlide Overを使って、開いているアプリケーションを切り替えられます。たとえば、Safariとメールの画面を半分ずつ表示させるといったことができるようになります。

アプリ間のドラッグ&ドロップに対応

11

 アプリ間でドラッグ&ドロップができるようになりました。画像やテキストの移動も簡単にできます。マルチタップに対応しているため、複数の写真を選択してドラッグ&ドロップをする際、1枚目を選んだら押しっぱなしにし、別の手の指で他の写真を選択する、といったことも可能です。

Apple Pencilとの連携を強化

11

 「Apple Pencil」との連携がより密接になりました。PDFやスクリーンショットに画像に矢印や円などの図形を描けるマークアップ機能も強化。

 「メモ」アプリで何かを描いたり書き始めると、その周りのテキストが自動的に脇によけてくれます。さらに、メモアプリケーション内の手書きの文字も検索できるようになっています。

 また、新しい「インスタントメモ」は、Apple Pencilでロック画面をタップして開けるメモ機能です。

2

 「ドキュメントスキャナ」機能では、書類を自動的に感知してスキャン。端の余分なスペースをトリミングしたり、傾きや余白を自動で補正します。また、Apple Pencilを使って空欄を埋めたり、署名することもできます。

PCっぽい? QuickTypeキーボード

a

 iPadで使えるようになったQuickTypeキーボードでは、キーボードを切り替えずに、下にフリックすることで文字・数字・記号を入力できるようになりました。

AR機能のプラットフォームも提供
ところでApple Payの送金はどうなる?

 ここまでおさらいしてきた機能のほかにも、新しい要素があります。新プラットフォーム「ARKit」では、カメラを通して現実の風景上にバーチャルコンテンツを重ねて表示し、インタラクティブなゲームや拡張現実を利用したショッピング方法などを開発できるようになるそうです。

 また、Apple Payが友達や家族間の支払いに対応することも以前からアナウンスされています(関連記事)。Walletに登録したクレジット(デビッド)カードを使い、メッセージでの送金やSiriに送金を頼むといったことが可能になるようですが、日本国内での対応はまだ明らかになっていません。

1
AR機能のプラットフォームが追加
iOS11
Apple Payで個人間での送金が可能になるのですが、日本国内での利用に関してはまだアナウンスがありません

ダウンロードは9月20日(米国時間)から

11

 iOS11に対応しているデバイスをまとめます。iPhoneは、iPhone X/8/8 Plus/7/7 Plus/6s/6s Plus/6/6 Plus/SE/5sに対応。iPadは、12.9インチiPad Pro(第1世代、第2世代)/10.5インチiPad Pro/9.7インチiPad Pro/iPad Air 2/iPad(第5世代)/iPad mini 4/iPad mini 3/iPad mini 2に対応。iPod touch(第6世代)にも対応しています。

 繰り返しになりますが、iOS 11のダウンロード開始は9月20日(米国時間)から。楽しみに待ちましょう。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking