2017年08月10日10時00分

今年の夏は「そうだ 京都、行こう。」暑くても素敵な「京の夏の旅」レポート

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

京都の自由時間「そうだ 聖地巡礼、行こう!」

 プレスツアーはここで一旦解散。後は数時間後の再集合まで自由行動タイムとなった。さて、どうしたものか……。旅に不慣れな筆者は京都はサッパリわからない。いろいろ考えた結果、宇治を舞台にしたアニメ『響け!ユーフォニアム』の聖地として有名な「大吉山」の展望台へ向かうことにする。そうだ 聖地巡礼、行こう。

201708kyoto
宇治と言えば、平等院鳳凰堂と『響け!ユーフォニアム』の町!

 情報サイトによると「約20分で登れる」と書いてあったが、猛暑のなか登るのはなかなかシンドイ。アニメのように夜中だったらマシなのかもしれないが、それはそれで灯りのない山道なので大変そう。

201708kyoto
観光案内で大吉山を確認! かなり近いぞ
201708kyoto
途中までは何人かの観光客がいたが、筆者以外のみんなは宇治上神社に入っていってしまった
201708kyoto
ひたすら山道をずんずん登る。作中の女子高生たち、楽器を持って登るなんて正気の沙汰ではない
201708kyoto
ついに展望台に到着した!

 つづら折りの山道を進み、やっと展望台にたどり着いた。さすが大吉山の展望台、見晴らしは最高。眼下には宇治川が流れ、川の向うに10円玉でおなじみの「平等院」が見える。Googleマップとにらめっこをしながら宇治の町並みをしばらく見ていると、地元の方がやってきた。

地元の方:「ユーフォニアムのアニメで来たんですか?」

 隠しても仕方がないので正直に話すと、地元の方はニッコリ。アニメの放送以降、この展望台は聖地巡礼に訪れる若者が多いそうだ(筆者は若者ではないが)。その方の話では、楽器を持ってきた女子学生の集団に遭遇したこともあったそうで、楽しそうに演奏していたのを見られたのがいい思い出だそうだ。アニメファンの聖地巡礼と地元の方の交流のエピソードは、いつ聞いても心がほっこりします! 

 「なんでこんな暑い時期に来たの?」「ホントは秋のほうがキレイだよ」「春の桜もいいよ」などとiPhoneで撮影した写真を見せてもらいながら約30分ほど会話をし、大吉山展望台を後にした。

201708kyoto
201708kyoto
201708kyoto
201708kyoto
201708kyoto
201708kyoto
201708kyoto
201708kyoto
201708kyoto
大吉山展望台フォトギャラリー。どう見てもあのシーンの展望台である。夜景が見える時間に来たら美しいんだろうなぁ
201708kyoto
町を流れる宇治川も見学してきた
201708kyoto
宇治のスタバは外観が和風になっていた

【詳細はこちら】
お茶のまち、宇治

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking