2017年04月07日18時10分

アサヒ、従来より4℃低い「強冷自動販売機」展開を開始

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
アサヒ飲料、強冷自動販売機
「強冷自動販売機」

 アサヒ飲料は4月7日、通常のCOLDよりも4℃低い「強冷自動販売機」展開すると発表した。5月より設置を開始する。

 従来のCOLDは約5℃だが、強冷自動販売機では4℃低い1℃前後。同社の調査によると、ユーザーが炭酸飲料に求めているのは「炭酸の強さ」と「爽快さ」であり、飲む温度帯を通常よりも下げることで爽快感を高めるとした。

アサヒ飲料、強冷自動販売機
「つめた~い」に加えて「めちゃくちゃ冷たい!」(なお、アサヒ飲料は2016年、約20℃で提供する「常温自販機」を展開した経緯がある)

 今回の自動販売機では「三ツ矢サイダー」、「カルピスソーダ」、「ウィルキンソン タンサン」といった炭酸飲料を中心に強冷で提供する。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking