2016年10月11日18時30分

PSVR発売直前だけど、そもそもVRがどういう仕組みか知ってる?【倶楽部】

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 どうも。ちゅーやんです。
 以前から告知していたように、10月のASCII倶楽部では「VR特集」を実施しています!

ASCII倶楽部 VR特集

 ド定番の謳い文句で恐縮ですが、今年2016年は“VR元年”と言われています。Oculus「Rift」、HTC「Vive」、そしてソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)「PlayStation VR」などのVR用ヘッドマウントディスプレー(HMD)が続々登場しているためです。同時に、コンテンツも拡充されています。

 さて、第1回目となるVR特集記事は「いまさら聞けないVR、あらためて知る5つの基礎知識」。VR入門編として「VRってよくきくけど何?」という人にも、「あらためてどういうものか確認しておきたい」という人にも読んでいただきたい内容です。

vr
VRの基礎知識や現状、今後の可能性や課題について、デジタルハリウッド大学大学院教授/日本ウェブコンセプツ代表取締役 三淵啓自教授に聞いてきました

3Dで見られるゴーグルと頭の動きを連動させている

 いまでは公式の体験会だけでなく、イベントやアミューズメント施設でも体験できるVR。ヘッドマウントディスプレーを被り、さまざまなゲームやデモ映像を楽しむことができます。

 しかし、なぜヘッドマウントディスプレーを被るとあのような映像を見られるのかってご存知ですか?

vr
左からPlaystation VR、OSVR(中央上)、Oculus Rift。中央下はスマートフォンを装着して使用する紙製のHMD「ハコスコ」のデジタルハリウッドモデル

 基本的な仕組みはOculus RiftやHTC Vive、PlayStation VRでも同じ。ゴーグル部分のディスプレーと、自身の頭の動きを連動させることで、いかにも“その場”にいるような感覚を味わえるようになっています。さらに外部センサーを使い、頭の“位置”を検知したり、頭以外の位置を検知してくれる製品も登場しています。

 そのほか、三淵啓自教授に「VRが普及するために必要なこと」「VR特有の“3D酔い”問題」などについてもお聞きしています。ゲーム以外のコンテンツという側面からVRに対するアプローチはあると、そう仰っていました。

 本日公開した記事本編を読むだけで、VRの仕組みから課題、今後の展開までまるっとわかるはず! 明日12日にはあのアイドルゲームのVRに迫る記事が公開予定。こちらも合わせてお楽しみくださいませ。

 本日紹介した記事をはじめ、ASCII倶楽部に掲載された記事全文を読めるのはASCII倶楽部の会員の方限定となっております。

3日間無料トライアルキャンペーン実施中!

 アスキーの会員サービス(月額1080円)「ASCII倶楽部」では、連載・特集記事だけでなく、「週刊アスキー 電子版」最新号から過去3年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

 そのほか、ASCII倶楽部ではニコ生のアーカイブ、さらにはイベント(!)も楽しめちゃいます。

 月額サービスのASCII倶楽部はただいま3日間無料トライアルキャンペーンを実施中。トライアルキャンペーンでは、ASCII倶楽部のすべてのコンテンツを無料で利用できるので、期間内であれば週アスも読み放題! ぜひどうぞ~。

320

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額1000円+税(税込1080円)
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●以下のクレジットカードによるお支払いとなります。
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explor 11※Edgeは除く , Google Chrome , Firefox
(Mac)Safari
【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking