2016年10月04日19時01分

なぜ「モトローラ」は心くすぐるスマホばかりつくるのか【倶楽部】

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 どうも。ちゅーやんです。
 個人的に2016年で(良い意味で)もっとも衝撃的なスマホが「Moto Z」。

11

 詳細なスペックはこちらの記事を参考にしていただきたいのですが、やはり注目すべきは合体(拡張)機能

 スマホ総研・ゆうこばから「これ、すごくない? すごいよね?」と“すごい”という言葉しか聞いていませんが、力説されました。スマホにプロジェクター機能を搭載したり、ハッセルブラッドとのコラボによるカメラ機能など、とにかく“すごい”って。

11
別売りの「Moto Mods」を背面につければ、さまざまな機能が拡張する

 ちなみに、ハッセルブラッドといえば、こちらで紹介されている「X1D」という中判ミラーレスデジカメがすごそうです。もうすごいしか言ってないな……。

世界初の携帯電話を開発したが、スマホ市場では苦戦

 この記事で取り上げている「モトローラ」は世界初の携帯電話を開発したメーカー。モバイル製品部門はグーグルへの買収を経て、現在はレノボ傘下となっています。この経緯となった理由のひとつとして「スマートフォン市場で頭角を現せなかった」から、と10月2日にASCII倶楽部に掲載した連載「極上の変態ケータイも生み出した『モトローラ』の栄光と没落」で紹介されています。

 毎週日曜日に更新する「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」では、著者である山根博士がさまざまなメーカーの歴史を紹介。そして、10月2日の回ではモトローラが取り上げられたのです。

 例えば2004年に発売したWindows Mobileの「MPx100」。縦に横にも開くことができ、しかも縦スタイルは10キー、横スタイルではQWERTYキーボードとして使えるギミックが搭載。スマホマニアの方々は“これ”大好きだと思います。

モトローラ 栄枯盛衰
山根博士いわく「『世界変態スマートフォンランキング』があれば、間違いなく1位の製品」と

 そう、このときまではアメリカ市場では熱烈なファンがいたものの、2007年にアイツが登場してしまうんです……。数々のギミックと、機能によって多くの人を魅了してきたモトローラ。「RAZR」をはじめ、ヒットを飛ばしましたが、ここからが悪戦苦闘の日々。それを紹介しているのが「極上の変態ケータイも生み出した『モトローラ』の栄光と没落」です!

 こちらの記事はASCII倶楽部の会員の方だけが読める限定記事となっております!

3日間無料トライアルキャンペーン実施中!

 アスキーの会員サービス(月額1080円)「ASCII倶楽部」では、連載・特集記事だけでなく、「週刊アスキー 電子版」最新号から過去3年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

 そのほか、ASCII倶楽部ではニコ生のアーカイブ、さらにはイベント(!)も楽しめちゃいます。

 月額サービスのASCII倶楽部はただいま3日間無料トライアルキャンペーンを実施中。トライアルキャンペーンでは、ASCII倶楽部のすべてのコンテンツを無料で利用できるので、期間内であれば週アスも読み放題! ぜひどうぞ~。

320

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額1000円+税(税込1080円)
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●以下のクレジットカードによるお支払いとなります。
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explor 11※Edgeは除く , Google Chrome , Firefox
(Mac)Safari
【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking