2016年09月26日16時00分

iPhone 7のロック解除でSiriが出てくる問題を解決する

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
a

 iPhone 7/7 Plusのホームボタンは、「タップティックエンジン(Taptic Engine)」を採用した、感圧式のセンサーになっています。指先に擬似的にクリック感が伝わるという“ボタン”です。

 このホームボタンの採用により、物理ボタンの経年劣化を気にしなくてよくなったほか、防水・防塵機能もそなえるようになりました。ただ、これまで慣れ親しんできた物理的なボタンの感触とは別物なので、まだ操作に違和感を覚えている人もいるかもしれません。

d2
新しいホームボタンは、クリック感を「1〜2〜3」の3段階に調整できます

 さて、このホームボタンでロック画面を解除しようとすると、「Siri」が起動してしまう……という声をネットでちらほら見かけます。

 iPhone 6s以前なら、ロック画面を解除するとき、ホームボタンを押して指を乗せると指紋が認証されますね。ところがiPhone 7/7 Plusは、指を置いているだけで「長押し」と認識されてしまうのです。そのため、ロック画面を解除しようとしたらSiriが出てくることがある、というわけです。

 ではどうすればよいのか? 慣れの問題ともいえますが、ホームボタンを長い時間押し込むのではなく、「軽く乗せてちょっと押す」ぐらいにしてみてください。

 ちなみに、iOS 10からは、ボタンを押さずに触れるだけでロックが解除できる機能が追加されています。「設定」アプリから、「一般」→「アクセシビリティ」→「ホームボタン」の順に進み、「指を当てて開く」をオンにします。

home
「設定」アプリから、「一般」→「アクセシビリティ」→「ホームボタン」
home
「指を当てて開く」はデフォルトでオンになっているが、気になるようならオフにしてみよう

 もちろん、あらかじめTouch IDをオンにしておくのが前提。これでボタンを押さずにロックを解除できますが、「どうにもしっくりこない」という人は、この設定を変えてみるのもよいでしょう。

 いずれにせよ、iPhone 6s以前のホームボタンに慣れていると、操作にちょっと戸惑うかもしれません。何回か気をつけて押しているうちに、要領がわかってくると思います。

iPhone 7の登場で高級Androidスマホは多くが存在価値を失う

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking