2016年09月25日17時00分

iPhone 7/iOS 10では、3D Touchでコントロールセンターが進化していた

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
ear

 iPhone 7と同時に発表された最新のiOS「iOS 10」では、コントロールセンターが進化しています。

 スイッチに色がついたり、ミュージックのコントローラーが右ページに移動したりなどの変更はあるものの、引き出したところはそれほど変わったようには見えません。

 ところが、3D Touchと組み合わせると、従来よりもうすこし踏み込んだ使い方ができます。

ear
ear

 こちらはカメラのアイコンを押し込んだところ。「写真を撮る」「スローモーション撮影」など、ホーム画面からカメラのアイコンを3D Touchしたときと同様のメニューが出現します。電卓は、直前の項目をコピーした状態で立ち上げることが可能。

ear
ear

 タイマーは、1分、5分、20分、1時間のプリセットで、コントロールセンターからいきなりセットすることができます。カップラーメン的な意味合いでは、3分のプリセットがほしいところでした。

 ライトは、明るい、普通、暗いの3段階から選択可能。これは夜中など、あまり明るいとまぶしく感じるときによさそうですね。ちなみに、通常起動だと「明るい」の照度になります。

 2015年発売の「iPhone 6s」でiPhoneに初搭載された3D Touchですが、iOS 9までは正直なところ利用シーンが限られていた印象でした。iOS 10になって、iOS 9までよりも深くインターフェースに入り込んでいるため、使い慣れておくと効率的な操作ができそうです。

iPhone 7の登場で高級Androidスマホは多くが存在価値を失う

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking