2016年09月20日20時00分

富士フイルムの中判ミラーレスシステム「GFX」発表会レポ!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
富士フイルム

 Photokina2016開幕前日9月19日の発表会シリーズ(?) で最も業界を震撼させたのが、富士フイルムの中判システムである。

 フルフレーム(36×24mm)の約1.7倍=43.8×32.9mmの撮像素子を使った「GFX」システムで、カメラ本体の「GFX50S」と「フジノンGFレンズ」3本が同時発売となる。価格は標準レンズとセットで1万ドル以下をめざすという。

 同社は5年前からAPS-Cサイズセンサーを使った「Xシリーズ」を発売しているが、フルサイズを飛び越えて、中判システムを発表したのである。こちらも発表会の様子をお伝えする。

富士フイルム
富士フイルムは1968年のPhotokinaで中判カメラ「G690」を発表した
富士フイルム
1988年にはデジタルカメラを発表
富士フイルム
2010年にはハイブリッドレンジファインダーの「X100」を発表した
富士フイルム
これだけイノベーティブなカメラを発表してきたのである
富士フイルム
マグナムの名高い写真家ウィリアム・ユージン・スミスはかつて「35mmカメラに世界は収まらない」と訴えた
富士フイルム
そこで富士フイルムは今回、中判システム「GFX」を発表しますーーー!!!
富士フイルム
レンズマウントの名前は「G」
富士フイルム
新開発のCMOSセンサーは43.8×32.9mmサイズ
富士フイルム
8256×6192ドットで5140万画素です
富士フイルム
センサーには最新技術を組み込んでおります
富士フイルム
当然高速な信号処理が必要です
富士フイルム
実際に撮影した画像がこれで、部分を拡大してもまったくドットが見えません!
富士フイルム
基本は4:3ですが、1:1/3:2/4:5/6:7/6:17など中判フィルムの縦横比を選ぶことができます
富士フイルム
Gマウントは直径65mmで信号は12ピンと規定
富士フイルム
フランジバックは26.7mmで、フォーカルプレーンシャッターを内蔵しています
富士フイルム
最も後退したレンズのバックフォーカスはわずか16.7mm!!
富士フイルム
新開発のGFレンズは1億画素にも対応する性能を持ちます
富士フイルム
MTFで40L/mm、20L/mmという解像度を実現
富士フイルム
同時発売のレンズは標準の63mmF2.8とズームの32-64mmF4、そしてマクロの120mmF4の3本
富士フイルム
さらに2017年中には45mmF2.8、23mmF4、110mmF2も発売
富士フイルム
カメラ本体は「GFX50S」という名称で、センサーはこのようにマウントいっぱのサイズ!
富士フイルム
背面モニターはチルトするのでウェストレベルで撮影可能
富士フイルム
標準添付のEVFを装着すると一眼のようなスタイルになります
富士フイルム
さらに、オプションのEVFは回転やチルトも可能です
富士フイルム
ダイヤルを多用し操作性もゴージャスですね
富士フイルム
発売は2017年の早い時期で、価格は本体にEVF、標準レンズのセットで1万ドルを切る予定です
富士フイルム
このカメラによってフルサイズ競争は終わるのだ!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking