2016年09月15日10時00分

斜め上きたデノンの50周年キャラクター”アストロガールズ”

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

ライブハウスでの発表会は初めて、上坂さん&小倉さん

 アストロガールズの二人はアストロガールズが帰国後、普通の家庭を持ち恵まれた双子の孫という設定。幸せな家庭で育った、普通の女子高校生だ。夢は立派なアストロガールになること。

 天真爛漫で元気いっぱいな日=まひる(姉)を演じる上坂さんは「デノンのアストロガールの後継というか、孫ですが、彼女たちは普通の女子高生っぽいというか、双子で仲良し。小倉さんの音声を聴いて取るかけあいもおもしろくて、お姉ちゃんなのにしっかりしてないところがいいと思いました」とコメント。

DENON
渋谷のライブハウスで開催された発表会には上坂さんと小倉さんが登場

 一方申=しん(妹)を演じる小倉さんは「しんちゃんは双子だけど、見た目がきりっとしています。クールな表情をしつつ、根は明るい女の子でまじめな娘なのかなと。抜けている部分のあるお姉ちゃんを陰ながら支えるようなしっかりとした妹です」と、それぞれ自身が演じるキャラクターを紹介した。

DENON

 キャラクター的には、日がヘッドフォン、申がイヤフォンを装着している。これに対して上坂さんと小倉さんの感想を聞くと──。

上坂「私もデノンのヘッドフォン使ってます。ありがたくもいただきました! 女子でもつけやすいので。しまうときに折りたためるので、カバンに入る」

小倉「私も役同様、普段はイヤフォンを使うことが多くて……。深いこだわりがある方ではないんですが、歌うお仕事もさせていただいているので、音質もいいほうがいいなという基準で選ぶようにしています」

DENON

 キャラソンはそれぞれ1曲ずつを歌う。日はガールズバンドポップっぽいさわやかな気分の「ハレクモリアメユキカミナリ」。申は和テイストなものが好きという設定があり、楽曲も少し和+エレクトロ的なテイストのあるナンバー「After Rain」となっている。いずれももちろんハイレゾ録音されている。

DENON

上坂 「ヘッドフォン限定のキャラソンはなかなかないですよね。楽屋で聞いてきました。クリアーに聞こえるヘッドフォン。私はぴこぴこしゃりしゃり系がすきなんですが、それが聞こえるし、メタルなどの重低音も再現。どんな音楽にも合いそうだと思いました」

小倉 「私はお仕事でヘッドフォンを聞くことが多いんですが、この製品を付けた瞬間に世界観にどっぷり浸れるような気分になれるというか。スタジオの雰囲気を感じました」

 最後はライブハウスでの製品発表会に参加した感想について。

DENON
新製品発表会への出席の経験は少ないというお二人

上坂 「デノンの発表会に出るよと言われて来ましたが、ライブハウスでやられているんですね。アバンギャルドな社風で、会社などではないのが新鮮でした。製品もクリアーで聞きやすく、もっとお高いものと思っていましたが、おまけも付いてお得な、50周年のお祭り感のあるモデルに関われてよかったなと思います」

小倉 「発表会に出席させていただく機会があまりないので、ちょっと今までにない緊張感があって。不思議な感じもあるのですが、この50周年という記念すべきときに、先代のキャラクターを現代に受け継ぐ形でキャラソンを歌わせてもらえたのは幸運だと思っています。アストロガールズになれるように、その良さが伝わるように、キャラクターとしても頑張っていきたいと思います」

DENON

 AH-D1100の実売価格は7000~8000円程度。限定グッズではあるが、意外と手の届く線に収めてきたコラボヘッドフォンだ。ヘッドフォン限定のハイレゾ楽曲というのも過去にあまり例を見ない試み。そしてファンはきっとこういうのを望んでいるはずというのにズバリ答えたプロモーション。ある意味、日本らしい企画とも言える。個人的には高い椅子に座るのに苦労する、小倉唯さんがとてもかわいかったです。

DENON

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking