2016年09月14日12時45分

アップル、「watchOS 3」リリース 「Dock」使用可能に

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
d2

 米アップルは9月13日(現地時間)、Apple Watch用OSのメジャーバージョンアップになる「watchOS 3」をリリースした。同日にリリースされた「iOS 10」のWatchアプリからアップグレードできる。

 サイドボタンに最大10個のアプリケーションを登録できる「Dock」が割り当てられたほか、下からのスワイプでコントロールセンターにアクセス、左右のスワイプで文字盤を切り替え、上からのスワイプで通知センターが現れる。また、メモリーの利用やバックグラウンド処理も見直されているとしている。

 アクティビティのリングを友人や家族と結果を比較・競争したり、またはパーソナルトレーナーと共有することが可能になった。また、「呼吸」という短時間の深呼吸セッションをサポートするアプリも追加された。

 デジタルとアナログの2種類のアクティビティの文字盤、シンプルな「数字」「ミニーマウス」「ミッキーマウス」のモノクロ版の文字盤も追加。また文字盤は、Apple Watch上だけではなく、iPhoneのWatchアプリからも編集できる。

iPhone 7の登場で高級Androidスマホは多くが存在価値を失う

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking