2016年09月05日13時50分

LINEモバイル正式発表! 1GBで月500円、3GBで月1110円 LINEやSNSの利用はノーカウント

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 LINEおよび、同100%子会社のLINEモバイルは、ドコモMVNOによる格安モバイルサービス「LINEモバイル」を開始したと発表した。申し込みは今日5日14時に開始するが、当初は2万契約に限定。正式なスタートは10月1日となる。また、これに合わせて、都内で記者発表会を開催した。

00

LINEのみカウントされず、1GBで月500円と
TwitterやFacebookもカウントされないプランの2種類

 今回発表された主要プランとして、「LINEフリー」「コミュニケーションフリー」の2つがある。

 「LINEフリー」は、LINE以外は最低限の利用を前提とした、ライトユーザー向けプランとなる。通信量は1GB(超過時は200kbps)で、料金は月500円(SMS付きは月620円、音声通話付きは月1200円、以下すべて税抜)。また「LINEフリー」ではトークを含む、LINEの主要サービス(タイムライン、画像・動画の送受信、音声通話)は通信量が計算されない。これをLINEモバイルでは「カウントフリー」と呼称している。

00
「LINEフリー」は月1GBで月500円。LINEの主要サービスが無料

 一方の「コミュニケーションフリー」は、LINEに加えて、TwitterやFacebookの主要サービスがカウントフリーとなる。こちらはSMS付きデータSIM、音声通話付きSIMの2種類。SMS付きデータSIMは3GBが月1110円、5GBが月1640円、7GBが月2300円、10GBが月2640円。音声通話付きSIMはそれぞれ月580円プラスとなる。

00
00
「コミュニケーションフリー」はTwitterやFacebookもカウントフリーに。さらに複数のプランが用意されている

 LINEモバイルならではのメリットとしては、LINEでの年齢認証に対応、データSIMでもFacebook/SMS認証無しでアカウントの作成が可能、月額利用料金の1%がLINEポイントに還元、通信量の他ユーザーへのプレゼント、フィルタリングサービスの無償提供、LINEの公式アカウントでのサポートなどがある。

00
LINEモバイルではSMS認証無しでアカウントが作れる

 契約にはSIMのみと端末セットの2タイプがあり、セットとなる端末は富士通、シャープ、ファーウェイ、ZTE、ASUSなど8機種19モデルが用意されている。支払方法はクレジットカード、もしくはLINE Payに対応する。

00
セット端末はすでに実績があるものが中心

 また、サービス提供の上でのパートナーとして、MVNEがNTTコミュニケーションズであることを公表。前述のカウントフリーについては、NTTコミュニケーションズの施設において、機械的・自動的に識別して、目的外で利用しないことをアピールした。また、正確な識別のためにコンテンツプロバイダーとの話し合いを重視するという。さらにカウントフリーは、利用規約に包括的な同意を求めるのではなく、利用申込時に明確な個別同意を求めるとした。

00
00
MVNEはNTTコム。カウントフリーはNTTコム側の設備で行ない、目的外利用はしないとする
00
今回はあくまで「1.0」ということで、今後もスピーディーにサービスを進化させていくとした

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking