2016年08月25日13時00分

4K動画撮影も可能なキヤノンのフルサイズ一眼「EOS 5D Mark IV」登場

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
EOS
「EOS 5D Mark IV」

 キヤノンは8月25日、デジタル一眼レフ「EOS 5D Mark IV」を発表した。9月8日発売予定で、ボディーのみの予想実売価格は46万7000円前後。

 ハイアマチュア向けの上位モデルに位置する5Dの最新モデル。撮像素子には有効3040万画素のフルサイズCMOSセンサーを採用し、画像処理エンジンには最上位機種(EOS-1D X MarkII)と同じ「DIGIC 6+」を採用する。

EOS
撮像素子はフルサイズ。「デュアルピクセル CMOS AF」対応だ
EOS
画像処理エンジンの「DIGIC 6+」
EOS
本体上面は従来機とほぼ同じ
EOS
左側面に端子部が集まっている
EOS
右側面にはメディアスロットがある。CFとSDメモリーカードのデュアルスロットだ
EOS
感度設定画面
EOS
レンズ光学補正の画面

 これにより、最大7コマ/秒という高速連写を実現したほか、感度設定は常用で最高ISO 32000、拡張でISO 102400まで設定可能。JPEG撮影時において周辺光量補正や色収差補正のほか、歪曲収差補正、回折補正ができるようになった。

EOS
「EOS iTR AF」による被写体の追従では顔を優先できる
EOS
フリッカー低減機能も搭載

 AFシステムはEOS-1D X MarkIIと同等のセンサーを採用することで、測距エリアや測距輝度範囲を拡大。全点でF8光束に対応しており、暗い望遠レンズでもピントが合わせやすい。

 ライブビューでは像面位相差AFが利用可能。撮像素子の1画素で2つの画像を取得し位相差AFを行なう「デュアルピクセル CMOS AF」が利用できる。

 これにより高速な合焦が可能なほか、PC用現像ソフト「Digital Photo Professional 」では2つの画像の情報を利用して、解像感のアップやメイン被写体の前に映り込んだボケた被写体の位置ずらし、ゴーストの低減などが行なえる。

 EOS 5D Mark IVは4K動画撮影に対応。デジタルシネマ規格の17:9(4096×2160)での撮影が可能だ。また、フルHD(1920×1080、30p)撮影時には標準露出と露出アンダーの画像を合成するHDR撮影に対応。白とびを抑えた動画を保存できる。

EOS
ハイフレームレート(スローモーション撮影)の設定

 さらに、HD(1280×720)撮影時には約120fpsのスローモーション撮影が可能。このほかタイムラプス動画の生成も行なえる。

 視野率100%の光学ファインダーを搭載するが、電子水準器や各種情報を表示できる「インテリジェントビューファインダーII」を採用。

EOS
本体背面。3.2型(162万画素)のタッチパネルモニターを採用
EOS
軍艦部に無線LANモジュールとGPSモジュールを内蔵
EOS
無線LANでスマホなどへの画像送信もできる
EOS
ボディーは防滴仕様だ
EOS
HDMI出力はライブビュー画面を情報表示を含めそのまま出力可能

 背面液晶は3.2型(162万画素)で、EOS 5D Mark IVでタッチ操作が可能となった。また、本体には無線LANとGPSを内蔵しており、スマホとの連携も可能だ。

EOS
専用バッテリーグリップも用意。税別希望小売価格は3万3000円

 レンズキットは、 EF24-70mm F4L IS USMレンズが付属するキット(予想実売価格 59万円前後)、EF24-70mm F2.8L II USMレンズが付属するキット(同66万7000円前後)を用意。

EOS
「EF24-105 F4L IS II USM」
EOS
「EF16-35mm F2.8L III USM」

 このほか、同時リリースとなる「EF24-105 F4L IS II USM」レンズが付属するキット(同60万円前後)もある。4段分の手ブレ補正効果を実現した望遠レンズだ。単体での発売も予定している(10月下旬発売予定。税別希望小売価格は15万5000円)。

 キットとしての用意はないが、F2.8の大口径広角レンズ「EF16-35mm F2.8L III USM」も10月中旬に発売予定(税別希望小売価格は29万9000円)となっている。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking