2016年08月12日16時30分

寝転ぶだけで超リア充写真が撮れるOLYMPUS AIR用カラビナ・マウンターが恐ろしい

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
OLYMPUS AIR
OLYMPUS AIR

 オリンパスとWemakeは8月11日、東京・台場にある潮風公園で、かねてから共同で進めていたOLYMPUS AIR用アクセサリー開発プロジェクトに入選した作品を展示しました。当日は、「世界を体感する 旅の野外フェス」として今年で11年目を迎える「旅祭2016」が開催されており、フェス内にブースを出展するかたちで、作品が展示されていました。

OLYMPUS AIR
OLYMPUS AIR用アクセサリー開発プロジェクト

 実際にサンプルを手にとって触れられたのは、最優秀賞の「カメラハンガー」、優秀賞の「OPC拡張ケージ+ローアングル撮影脚 + 画角視認プレート」、YAMAP特別賞の「ワンタッチホルスター」、そして池澤あやかさんが開発に携わった「AIR SELFIE」用アクセサリーの5作品。

OLYMPUS AIR
最優秀賞の「カメラハンガー」
OLYMPUS AIR
OLYMPUS AIR
OLYMPUS AIR
優秀賞の「OPC拡張ケージ+ローアングル撮影脚 + 画角視認プレート」
OLYMPUS AIR
OLYMPUS AIR
OLYMPUS AIR
YAMAP特別賞の「ワンタッチホルスター」
OLYMPUS AIR
OLYMPUS AIR
OLYMPUS AIR
池澤あやかさんが開発に携わった「AIR SELFIE」アクセサリー
OLYMPUS AIR
OLYMPUS AIR

 なお「AIR SELFIE」以外の作品は、DMM.makeのサイトで販売されており、3Dプリンターで制作されたものが後日届きます。「AIR SELFIE」については「rinkak」のサイトから、iPhone 5シリーズ、iPhone 6シリーズ、iPhone 6 Plusシリーズの3モデルとOLYMPUS AIRを固定するアクセサリーを購入できます。

OLYMPUS AIR
「AIR SELFIE」以外の作品は、DMM.makeのサイトで販売中
OLYMPUS AIR
「AIR SELFIE」用アクセサリーは「rinkak」のサイトから購入可能。アプリは、App Storeから無料で入手できる

 ブースでは、実際に「カメラハンガー」を高い位置に固定し、その下に寝転んで撮影できるスペースが設けられていました。ブースを訪れた人は興味津々で撮影を楽しんでいました。

OLYMPUS AIR
「カメラハンガー」を装着した「OLYMPUS AIR」を吊り下げて撮影
OLYMPUS AIR
「カメラハンガー」の仕組み

 集合写真を撮る際に「カメラハンガー」とOLYMPUS AIRを使えば、ドローンで撮影したような写真になります。

OLYMPUS AIR
普通に撮影するとこんな感じ
OLYMPUS AIR
「カメラハンガー」を利用すると通常では難しい上方向からの写真を撮れる

 あと、4人組が頭を中心にして寝転がるカットは恐ろしくリア充でした。

OLYMPUS AIR
1人でもなんとかリア充
OLYMPUS AIR
池澤あやかちゃんと撮るとかなりリア充
OLYMPUS AIR
4人そろうと恐ろしくリア充

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking