2016年08月08日16時33分

パイオニア、最大11chをマルチチャンネル同時ハイパワー出力可能なハイエンドAVレシーバー「SC-LX901」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
オンキヨー、SC-LX901
SC-LX901(上)、SC-LX801(左)、SC-LX701(右)

 オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは8月8日、マルチチャンネル同時ハイパワー出力が可能な「ダイレクトエナジーHDアンプ」を搭載するハイエンドAVレシーバー「SC-LX901/801/701」3機種をパイオニアブランドより発表した。9月上旬に発売する。

 Dolby AtmosやDTS:Xに対応するほか、付属集音マイクを用いた3次元音場補正機能、ハイレゾオーディオやネットワークオーディオを高精度クロックにより低ジッターで高音質再生するPQFA機能などを搭載。HDMI端子は著作権保護規格「HDCP2.2」に対応しており4K映像コンテンツなども楽しめる。

 ダイレクトエナジーHDアンプは全チャンネルで高出力を可能とする機能で、音像補正などの機能と組み合わせることで高いサラウンド音響空間を実現する。「SC-LX901」では11ch(880W)、「SC-LX801/SC-LX701」では9ch(801が770W、701は760W)の同時ハイパワー出力が可能。

 いずれの機種もHDMIは8入力/2出力、デジタル5系統(同軸2系統/光3系統)、アナログ入出力、USB入力、LAN、Bluetoothなどを搭載。本体サイズは約幅435×奥行き441×高さ185mm、重量は15.4~18.2kg。価格は、SC-LX901が44万2800円、SC-LX801が37万8000円、SC-LX701が25万1640円。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking