2016年05月01日17時00分

1本のマンガを描くにはどれだけのコストがかかるのか

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

「第一段階に設定した70万円は、本当は赤字でした」

――200万円の資金が集まったが、これでまかなえますか?

 はまむら:支援してくださった方が多いので助かりましたが、「多ければ多いほど予算がかけられる」というのが正直なところです。というのも、200万円ものお金が一気に集まってしまって、一見景気がよさそうに見えるかもしれませんが、ここから印刷代、特典のお返し代、発送費、サイトへの手数料などを引くと、執筆にかけられるお金はそれほど残りません。今となって言うのは卑怯かもしれませんが、第一段階に設定した70万円は、本当は赤字でした。

comicfund

――赤字でもいいから描きたいネタだったと

 はまむら:さんざんカッコイイことを言ってたくせにお恥ずかしいですが、そのとおりです。もちろん、70万円だったとしても手を抜かずにしっかり描くつもりでした。その気持ちは今も同じです。むしろ200万円も集まってくれたので、それだけ期待されていると、余計に気合が入りました。僕らはいままで20年、漫画家として続けてきてよかったなぁ~と、村正と話していたところです。

――作業はスタートしている?

 はまむら:はい。「スマホゲームの大地」の作業はがんばって進めていますので、期待していてください。本当は少しくらい内容にも触れたかったんだけど、支援者あっての作品だから、みなさんに読んでいただくまではどこにも話せないのです。ごめんなさい!

comicfund
「スマホゲームの大地」の作業状況は、はまむら氏(@hama1200)のツイートで報告されていくかもしれない

――いえ、そのとおりだと思います

 はまむら:さて、偉そうなことをたくさんしゃべっちゃったので、そろそろ帰ってもいいですか?

――ありがとうございました。今後の予定は?

 はまむら:今日も明日も明後日も、ずっとマンガですよ!(笑) 支援者の募集は5月15日まで受け付けていますので、興味を持ってくださった方は「スマホゲームの大地」の応援、よろしくお願いします!


関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking