2016年04月22日19時00分

パナソニック、モニター映像に連動してスマホに詳細情報が表示される「光ID」商品化

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
パナソニック、光IDディスプレー
光ID送信機能内蔵液晶ディスプレー 「TH-55SF1HJ」(55v型)/「TH-49SF1HJ」(49v型)/「TH-42SF1HJ」(42v型)

 パナソニックは4月22日、可視光通信技術「光ID」を搭載したディスプレーを発表。5月より販売を開始する。

 光IDは、肉眼では識別できないほどの速度でLEDなどの光源を点滅させて信号を送り、スマホなどのカメラで受け取れるというもの。大量のデータは送れないが、スマホアプリを経由して商品や情報が掲載されているサイトやページに誘導するのに利用する。

 光IDディスプレーは、光IDに合わせた点滅が可能なもので、光ID送信機能対応のメディアプレーヤーを内蔵。また光IDを送出する場合、パソコンと接続して映像と光IDを再生できるほか、パソコンを用いて映像と光IDを合わせたプレイリストを作成、記録したUSBメモリーをディスプレーに装着して再生することも可能。

パナソニック、光IDディスプレー
システム概要図(上)、応用例(下) 

 表示される映像に合わせた解説や情報をスマホに表示できるため、博物館や展示施設、デジタルサイネージなどへの利用を見込んでいる。ディスプレー製品は55v型/49v型/42v型の3製品。1920×1080ドットのIPS液晶/LEDバックライトを装備し、価格はいずれもオープンプライス。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking