2016年04月12日20時08分

アナログレコードが再ブレーク!? パナソニックなど3社がプロジェクトを立ち上げ!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
テクニクス
会場には「SL-1200GAE」の試聴台もあった

 パナソニックとナガオカ、東洋化成の3社は4月12日、アナログレコードの活性化を後押しする「レコード再発見プロジェクト」を始動。そのお披露目会を東京タワー展望台で開催した。

テクニクス
会場となった東京タワー。スカイツリーと対比して“新旧”の“旧”のほう、という意味合いと、東京タワーの高さ(333m)とレコードの33.3回転もかかっているのだとか

 パナソニックのオーディオブランド「テクニクス」のレコードプレーヤー「SL-1200GAE」の予約が12日に開始されたが、それに合わせて本イベントが開催された。ちなみに、SL-1200GAEは国内では300台の限定販売品で、33万円という価格にも関わらず予約開始から30分で完売となった。

テクニクス
「レコード再発見プロジェクト」のロゴ

 そのテクニクスと、レコード針を製造するナガオカ、レコード盤の製造・生産を行なう東洋化成が共同で展開するのがこのプロジェクト。全国で試聴やトークイベントなどを行ない、レコードになじみのない人たちへその魅力を発信するとともに、オーディオファンに対してのバックアップも行なう。

テクニクス
パナソニック テクニクス担当の伊部哲史氏

 パナソニック コンシューマーマーケティングジャパン本部 テクニクス担当の伊部哲史氏は、SL-1200GAEについて「ダイレクトドライブの再定義」とし、すべての部品を見直して、新金型を起こし、回転の揺らぎなどの問題をすべて解消したという。今回の機種で「感動的な瞬間をそのまま再現できると自負している」と語った。

 なお、SL-1200シリーズは1972年に初代が登場。以降、シリーズ累計で350万台を出荷した「テクニクスの顔」と言える製品だが、2010年以降は新製品がなかった。SL-1200GAEは久しぶりの新製品となる。

テクニクス
ナガオカの「MP-500」
テクニクス
ナガオカ 技術アドバイザーの寺村博氏

 このプロジェクトでは、カートリッジにナガオカの「MP-500」を使用。同社技術アドバイザーの寺村博氏は「最高級のカートリッジ」であり、「非常にナチュラルな音でジャンルを選ばず、レコードに収録された情報を限りなく引っ張り出してくれる」と製品をアピールした。

テクニクス
東洋化成 レコード事業部 カッティングエンジニアの西谷俊介氏

 また、東洋化成 レコード事業部 カッティングエンジニアの西谷俊介氏は「感動を若い世代を含めて、多くの人と共有したい」と語り、3社が協力することで新たな可能性を引き出せることに期待を示した。

テクニクス
ゲストスピーカーのみなさん

 今回のイベントではゲストがアナログレコードの思い出などを語りつつ、おすすめの曲を持参して再生するなど、会場はレコード愛にあふれた雰囲気に包まれた。

 今後の具体的な活動については「レコード再発見プロジェクト」公式サイトで開示していくとしているが、このようなイベントが全国各地で行なわれるようになると、アナログレコードの普及に拍車がかかるかもしれない。

テクニクス
ピアニストでテクニクス アンバサダーのアリス=紗良・オットさん。レコードは「音に酔う感覚が好き」とのこと
テクニクス
ロックバンド「はちみつぱい」の鈴木慶一氏。グレイトフル・デッドの「アメリカン・ビューティ」から「Box Of Rain」をチョイス
テクニクス
オーディオ評論家の和田博己さん。同氏も参加したはちみつぱいの「センチメンタル通り」から「薬屋さん」をかけた
テクニクス
ブロードキャスターのピーター・バラカン氏が選んだのは、エリック・クラプトンのアルバム「Layla」から「Keep On Growing」
テクニクス
「シングルが好き」というバラカン氏に促されるようにシングル盤を取り出す編集者の藤本国彦氏

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking