2016年02月06日15時00分

Surface Bookがやってきた! さっそく開封&触ってみたぞ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

日本版Surface Bookの特徴は?

0205
日本版Surface Bookだけに搭載された日本語キーボード(当たり前ですが)。右の米国版と並べてみました
0205
13.5型のSurface Bookですが、キーボードはフルサイズ並の大きさ。打鍵感も気に入りました。機会があれば、ぜひ実際に確かめてみてほしいところ
0205
せっかく米国版が隣にあるので、このあたりも詳しく比較。そうです、技適マークです(下が日本版)
0205
同じく下が日本版。細かい文字ですが「電波法により5.2/5.3GHz帯は屋内仕様に限ります」との記載が。キーボードだけが日本仕様になったわけではありません
0205
が、しかし、なぜかキーボードドックには技適マークがありません。付属のシール(技適マークあり)を貼りなさいとのことらしいです……

13インチMacBook Proと並べて比較

0205
Surface Bookのサイズは13インチMacBook Proを意識しているように見えます。フットプリントはほとんど同じ
0205
0205
次は厚み。ヒンジ部はSurface Bookのほうが厚く、最薄部は両者譲らずといった具合です
0205
0205
なお、重さも1.579kg(下位モデルは1.516kg)と、13インチMacBook Pro(約1.58kg)と同じ程度です。画面側(正式名称「クリップボード」)の重さは実測で716gでした
0205
キーボード、タッチパッドのサイズにもほとんど差がありません。打鍵音の静かさではSurface Bookに分があると筆者は感じました

着脱したり、回転させたり、お絵かきしたり……

0205
筆者お気に入りはこの使い方
0205
タッチパネルの感度はかなり良好です。が、ウェブサイトは拡大して表示すべきですね。感度が良すぎるのか、何度か誤タップしました
0205
今までスタイラスの便利さをあまり理解できていなかったのですが、Surfaceペンは精度が高く「これなら誤タップも防げそうだ」と感じました。もちろん絵を描くのにもピッタリです
0205
SDカードを挿入。やや飛び出ます
0205
0205
Surface Connect(充電用端子)はマグネット着脱式
0205
着脱のギミックが物欲を刺激してきます。価格は22万1184円から。「高っ!」という声もちらほら聞こえますが、発売前は37万円台の最上位モデルが最も多く予約されていたそうですよ

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking