2016年02月03日19時00分

「橋なんていらなかった」なハチャメチャ橋作りパズル『Poly Bridge』:Steam

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 PCゲームのダウンロード販売サイト『Steam』から、面白いゲームを発掘して紹介するレビュー連載。第18回目は、橋を建設して車を無事向こう岸まで渡らせる物理パズルゲーム『Poly Bridge』を紹介する。

 こう説明すると「なんだ、ただの橋建設パズルか」と思うかもしれないが、ちょっと待って欲しい。このPoly Bridgeはどちらかと言うと「いかに橋を作らずクリアするか」というゲームだ。

 いやもちろんそういうゲームではないのだが、多くのユーザーは必死に知恵を絞って「向こう岸まで車が到達したからこれは橋」みたいななにかを建設しようと頑張っている。

 このレビューではきちんとさわりから説明していくが、最後にユーザーによる素晴らしい作品も紹介するので気になる人はそこだけでも見て欲しい。きっと気に入るはずだ。

橋を架けよう!

 ゲームを始めたら、まずは橋を建設してみよう。赤い点をクリックしてからマウスカーソルを動かすと、その分だけ道路を敷くことができる。

 道路の最大の長さは決まっているが、黄色い点をクリックしてどんどん継ぎ足していけば問題ない。

『Poly Bridge』:Steam

 「橋ができた!」と思ったらスペースキーを押そう。バイクや車が走りだすぞ。

『Poly Bridge』:Steam

 そして無事に向こう岸までたどり着けばレベルクリアである。

『Poly Bridge』:Steam

 これが基本。ルールはとてもカンタンだ。

重い車には補強が必要

 次のレベルではバイクではなく車が登場する。

『Poly Bridge』:Steam

 とりあえずさきほどと同じような橋を架けてみたものの……車の重さに耐え切れずに橋が落ちてしまった。

『Poly Bridge』:Steam

 これではクリア失敗だ。いや、建築家失格だ。

 当たり前の話だが、通る車の重さによっては橋に補強が必要になる。

『Poly Bridge』:Steam

 今回は川の中央に岩があるため、そこに支えとなる木材を設置することとした。これで、重い車でも問題なく通れるようになるぞ。

 このように、ゲームでは橋にかかる「荷重」も考えなければいけない。

プレイヤーを悩ませるギミック

 こうしてレベルをクリアしながら基本を学んで行くと、今度は跳ね橋やジャンプ台といったギミックが登場するようになる。

『Poly Bridge』:Steam

 跳ね橋は船が川を通れるように、ジャンプ台は「橋を作りたいけどそこまで材料がない」との事情があるため、プレイヤーはこれらのギミックの使用を避けては通れない。

 跳ね橋はともかくジャンプ台は「帰り道どうするの?」と突っ込みたくなるが、とにかくこうしたギミックの作りやアクションを覚えておくことも橋作りにはかかせない。

『Poly Bridge』:Steam

 と言うのも、これら序盤のカンタンなレベルで基本を覚えておかないと「どれくらいの作りなら大丈夫なのか」が分からないからだ。

『Poly Bridge』:Steam
哀れゴール手前で崩壊する橋

 まずは作る。そして壊れる。毎度のように川に落ちる運転手の皆さんには申し訳ないが、トライアンドエラーで学んで行こう。

ワールド2からが本番

 そしてゲームがワールド2に入ったらもう本番だ。ワールド2あたりから、橋を通る車が複数台になり、さらに高低差も出てくるようになるからだ。

『Poly Bridge』:Steam
上の橋から車が落ちてそのまま崩壊

 ここからは、自由にプレイできると言っても過言ではない。

『Poly Bridge』:Steam
ワールド2は砂漠地帯

 なぜなら、Poly Bridgeではレベルをひとつずつクリアしなくても先に進めるからだ。

 上部メニューの「Next Worlds」をクリックすれば、いくらでも先のワールドで遊ぶことができる。

『Poly Bridge』:Steam
ワールド5は遊園地なのか!と先を見て驚く

 よって基本さえ覚えてしまえば、すぐに難しいレベルにもチャレンジでき、好きな橋を架けることができる。そう、次で紹介する匠たちのように!

匠「橋は使い捨てスタイル」

 お待ちかね、ここからがユーザーの作品紹介だ。と言ってもそのまま埋め込むわけにもいかないため、ゲームのシェア機能などを利用したツイートを掲載するかたちで紹介する。

 まずはゲーミングデバイスメーカーの「Razer」のアカウントが紹介していた作品から。筆者はこのツイートを見てPoly Bridgeを買ってしまったのだ。

 そして次はユーザーによる直接の投稿だ。目的地に着いてるから、これも橋ということで。

 さらにはおそらくは想定外と思われるクリア方法もあったりする。

 橋の 定義が 乱れる!

 こんな橋を作る匠になりたくなったら、ぜひPoly Bridgeの購入を。わずか1180円で橋を再定義できます。

推奨動作環境を満たすゲーミングPCはこちら!

ユニットコム『LEVEL∞ (レベル インフィニティ) C-Class | コンパクト・ミニマムモンスター・ゲーミングPC』

つばさのSteamゲーム実況動画

『Poly Bridge』は軽量なゲーム。ゲーミングPCユニットコム『LEVEL∞ (レベル インフィニティ) C-Class | コンパクト・ミニマムモンスター・ゲーミングPC』の場合、最も安価な構成で6万円台のモデルでも、グラフィックボードGeForce GTX750Tiを搭載しているので、余裕でプレイ可能だ。

『Poly Bridge』
●Dry Cactus
●1180円(2015年7月1日リリース) ※価格は記事掲載時点のものです
対応OS Windows、Mac
ジャンル 独立系開発会社、シミュレーション、早期アクセス
Copyright 2015 Dry Cactus Limited

■著者:篠原修司
・Steamのプロフィールページ:Steam コミュニティ :: KiDD
・Twitter:@digimaga

■関連サイト

Steam×アスキー
Steam入門記事まとめ
Steam×アスキー
ジサトラ×アスキー Facebookページ
Steam×アスキー
ジサトラにご意見募集中!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking