2015年11月25日16時43分

『Vainglory(ベイングローリー)』のSEMCがAmazon、NVIDIA、Cyber Zと提携

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
VainGlory
モバイル向けeスポーツゲーム『Vainglory』の国内大会は12月から予選を実施

 Super Evil Megacorp(以下、SEMC)は11月25日、同社のモバイル向けeスポーツゲーム『Vainglory(ベイングローリー)』の大会開催に関し、Cyber Z、Amazon、NVIDIAとの提携を発表した。

 Vaingloryは、タッチ操作に最適化されたモバイルプラットフォーム向けのマルチプレイ戦略ゲーム(MOBA)。日本国内では今年4月にサービスを開始し、今年9月にはゲーム動画配信サイト『Twitch』でのゲームプレイ動画月間ユニーク視聴者数が100万人を突破するなど、人気を博している。

VainGlory
日本初の大規模オフラインeスポーツ大会『RAGE』が1月に実施。なお、第1回大会の採用タイトルはVaingloryのみだが、以後さまざまなタイトルを扱う予定

 ゲーム動画配信サービス『OPENREC.tv』を運営するCyber Zとの提携は、日本初の大規模オフラインeスポーツ大会『RAGE』の開催に向けたものとなる。12月から予選を行い、勝ち残った上位チームがベルサール秋葉原にて1月に決勝大会を実施、優勝チームは『Vainglory国際プレミアリーグ(VIPL ウィンター・シーズン)』への出場権を獲得できるとしている。また、AmazonおよびNVIDIAとの提携は、今季アメリカとポーランドで開催される大会開催に向けたもの。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking