2015年11月13日18時07分

Windows 10初のメジャーアップデート実施、日本でもCortanaが利用可能に

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
win

 日本マイクロソフトは11月13日、Windows 10では初となるメジャーアップデートの配信を開始した。

 メジャーアップデートでは、デバイス ドライバーやアプリケーションを更新したほか、プラットフォームおよびエクスペリエンスの機能も強化。さらに、Xbox OneにもWindows 10を順次展開する。

 エクスペリエンスについては、パフォーマンスにおいてWindows 7と比較して30%近く起動時間を短縮。また、日本、オーストラリア、カナダ、インドでCortanaの一般提供を開始。各地域に合わせて機能やエクスペリエンスのカスタマイズも実施している。

 Cortanaでは、デジタイザーを使用してCortanaのノートブックにメモを書き込むと、Cortanaが電話番号やメールアドレス、住所などを認識してリマインダー設定を支援するようになった。加えて、イベントなどの予定を把握し、出発時間を知らせるリマインダー機能を追加したほか、Uberでタクシーを予約したり、位置を追跡することも可能だ。

 Microsoft Edgeでは、パフォーマンスやセキュリティーを向上したほか、タブプレビューを新たに導入。表示中のページから離れなくても、ほかのタブにポインターを合わせればそのタブのウェブサイトの内容をプレビューできるようになった。お気に入りやリーディングリストに追加した項目はデバイス間で同期されるようになり、興味あるコンテンツをもう一度読みたいときにすぐにアクセスできるようになったという。

 そのほか、メールやカレンダー、フォト、Grooveミュージック、Xbox、ストア、OneNote、ソリティアなどで複数の改善が行なわれているという。メジャーアップデートは、Windows 10を搭載するデバイスを使用している場合は、Windows Updateの設定に合わせ11月中にアップデートする予定。また、Windows 7/Windows 8.1を利用している場合は、Windows 10への無料アップグレードの一環として提供する。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking