2015年10月26日19時00分

「Surface BookによるプレミアムPCの盛り上がりに期待」――本田雅一氏

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 2015年10月22日に、日本マイクロソフトが新Surfaceの発表会を開催した。IT、モバイルに詳しいフリーランスライターの本田雅一氏にコメントをいただいたので紹介する。

Surface

Surface Bookは高価だが魅力的

 Surface Pro 4は正常進化。Pro 3の特徴をそのまま引き継ぎ研ぎ澄ました製品だが、その差は意外に大きい。ペン入力のフィーリング向上もあるが、発熱が抑えられパフォーマンスも向上、画面も大きくなった。Pro 1、Pro 2からの買い換えは勧められる。

 もっとも一番の注目はSurface Bookだろう。存分に触る機会が得られたが、画面の美しさやパフォーマンスの高さ、軽さなどあらゆる面でバランスが良い。これで本当に12時間近くバッテリが使えるのであれば、性能、機能の面では文句ない。キーボードも実に良いフィーリングだった。

 パフォーマンス的にはGPU搭載の高性能ノートPCに匹敵するものがあり、1台ですべてのニーズを満たせると考えれば、エントリーモデルが27万円程度、上位モデルは40万円ぐらいとみられる価格を考えても魅力はある。この製品に刺激されて、各PCメーカーがプレミアムクラスの製品に力を入れてくれることにも期待したい。

本田雅一(ほんだまさかず)   フリーランスジャーナリスト、コラムニスト。IT、モバイル、オーディオ&ビジュアル、コンテンツビジネス、モバイル、ネットワークサービス、インターネットカルチャーなど、テクノロジーとインターネットで結ばれたデジタルライフ、それらの関連技術、企業、市場動向について、知識欲の湧く分野全般をカバーする。 

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking