2015年06月23日16時30分

30万円超えの怪物4KタブレットPC『TOUGHPAD 4K』 世界初のHDMI2.0入力を搭載

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

  パナソニックは法人向けにWindows 8.1 Pro Update(64ビット)を採用するタブレット、TOUGHPAD(タフパッド)の4Kモデルを2機種発表した。20インチのマルチタッチ対応4K液晶(3840×2160ドット、アスペクト比15:10)はIPSαパネルを採用した製品中で、持ち運びできる世界最軽量・最薄のタブレットPCをうたう。主なターゲットは4K動画撮影を行なう映像制作の現場で、世界初となるHDMI2.0対応のHDMI入力端子を備えている(FZ-Y1CHBBZBJのみ)。4Kビデオカメラなどで撮影した4K映像を、4K/60Hzの高画質な状態でその場で確認できるのがメリットだ。なお、Mini DisplayPort出力(4K/60Hz)も備え、4Kモニターなどに映像を映せる。細部を大画面で確認したい医療・教育の現場でも活用できる。

FZ-Y1CHBBZBJ

パナソニック
価格は36万円前後(税別)で、8月25日に発売予定。
パナソニック パナソニック

FZ-Y1CAAAZBJ

パナソニック
価格は33万円前後(税別)で、8月25日に発売予定。
パナソニック パナソニック

  いずれのモデルも第5世代Core(開発コードネーム:Broadwell)のCore i5-5300U vPro(2コア/4スレッド、2.3GHz、最大2.9GHz)を搭載。FZ-Y1CHBBZBJのメモリーは8GBで、256GB SSDを搭載する。一方で、FZ-Y1CAAAZBJはメモリー4GB、128GB SSDの廉価版となる。また、FZ-Y1CHBBZBJは、FZ-Y1CAAAZBJにはないHDMI2.0入力、Mini DisplayPort出力、LANコネクター、スマートカードリーダーを備え、電子タッチペン(別売)に対応する。なお、USB3.0とSDメモリーカードスロットはいずれも装備。サイズはどちらも共通で475(W)×12.5(D)×334(H)mmで、重量はFZ-Y1CHBBZBJが約2.33kg、FZ-Y1CAAAZBJは約2.3kg。

パナソニック

 通信機能はIEEE802.11a/b/g/n/ac無線LANとBluetooth 4.0。センサー系はデジタルコンパス、加速度、照度、ジャイロを内蔵する。20インチとタブレットPCとしては大型な部類だが、TOUGHPADの名の通り、落下試験(76cm/動作時・底面方向、30cm/非動作時・26方向)に耐えた頑丈設計がウリだ。

 ちなみに、HDMI2.0入力による4K表示は、液晶一体型PCなどによくある“液晶ディスプレーとして単体で動作する”機能とは異なる。パナソニック独自のソフトを介してWindows OS上でオーバーレイ表示することになる。ウインドー表示のほか、全画面表示も可能。なぜ単体動作モードを省いたのか問い合わせたところ、「単なるモニターは世の中にたくさんあるので、タッチ操作での拡大縮小/ウィンドウ表示などのWindows一体型ならではの使い方提案をしたい。」とのこと。そして、HDMI2.0入力はHDCP2.2に対応しており、4Kコンテンツに対応しているそうだ。

■関連サイト
パナソニックリリース

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking