2015年06月23日12時15分

のっけから超安め!Braswell搭載の2in1 PCが日本エイサーから5万円台で登場

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 日本エイサーは11.6インチ液晶を採用するモバイルノートPCを2機種発表した。Aspire R3シリーズでは360度回転するタッチ液晶を搭載する2in1 PC『R3-131T-N14D/B』(7月10日発売予定)、Aspire E11シリーズからは『ES1-131-N14D/K』(6月24日発売予定)が登場。

Aspire R3 R3-131T-N14D/B

日本エイサー

  R3-131T-N14D/Bはタッチ対応の11.6インチ液晶(1366×768ドット)を搭載し、液晶をぐるっと回せばタブレット形状でも使えるのが特徴。CPUはBay Trailの後継にあたる、Braswell世代のCeleron N3050(2コア/2スレッド、1.6GHz、最大2.16GHz)を採用する。Braswellは14nmプロセスで製造される、Atom x5/x7(開発コードネーム:Cherry Trail)と基本的な構造は同等の新世代SoCだが、それらに比べてSDPが高い(Cherry Trailは2W、Braswellは3もしくは4W)。Bay Trailと同様、基本的にはファンレスで運用され、低価格帯PC用CPUとしていずれほかのPCメーカーからも搭載モデルが出てくるだろう。

日本エイサー 日本エイサー 日本エイサー

 R3-131T-N14D/Bの想定売価は5万5000円前後(税別)とタッチ対応の2in1 PCとしてはかなり安い。メモリーは4GBとWindows 8.1 Update(64ビット)を動かすには十分な量だが、ストレージは500GB HDDなので携行時はSSD機より慎重に持ち運びしなければならない。重量は約1.58kgとモバイルPCとしてはやや重めで、サイズは約298(W)×211(D)×20.9(H)mm。公称バッテリー駆動時間は約8時間(4セル)。メインマシンではなく、サブマシンとして購入するのが吉だろう。

 なお、インターフェースはギガビットLANに、SDカードスロット、USB3.0、USB2.0、HDMI出力を備え、モバイル機としては必要十分。通信機能はIEEE802.11b/g/n/ac無線LANとBluetooth 4.0に対応しているのがうれしいところ。

Aspire E11 ES1-131-N14D/K

日本エイサー

 ES1-131-N14D/KもR3と同様、Braswell世代のCeleron N3050を搭載し、4GBメモリー、500GB HDDという仕様。11.6インチ液晶(1366×768ドット)はタッチに非対応だが、価格は1万円も安く、想定売価は4万5000円前後(税別)となる。なお、OSはWindows 8.1 Update(64ビット)を採用。

日本エイサー

 インターフェースはギガビットLANに、SDカードスロット、USB3.0、USB2.0、HDMI出力とR3と同等だが、通信機能はBluetooth 4.0には対応するものの、無線LANはIEEE802.11b/g/nまでとなる。

 公称バッテリー駆動時間は約5.5時間(3セル)とセルが少ないぶん、R3よりも短め。しかし、サイズは約291(W)×291(D)×21.2(H)mmで、重量は約1.25kgと軽いのがポイント。

 なお、R3もE11もWindows 10に無料でアップグレードできる。

■関連サイト
日本エイサー

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking