2015年06月22日15時00分

Apple Watchをカッコいい腕時計にするケース オリエント時計元チーフが制作 CorVin

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
corvin
写真:CorVin

 もしかしたらApple Watchは完成形じゃなく、日本の腕時計職人がかかわることで完成に近づくのかもしれない。

 MSソリューションズ、ファクタスデザイン共同制作の『CorVin』(コービン)は、ベルトと組み合わせたApple Watch専用ケース。チタン/本ワニ革、ステンレススチール/カーフ(子牛)レザー、ステンレススチール/スムースカーフレザーの3種類。

 価格は未定。MSソリューションズによると、発売時期は「8月末に出せたら」。

corvin
CorVin(価格未定)
corvin
Apple Watchをはめこむ形

 構造としてはApple Watchのベルトをはずしてケースにはめる形。CorVinのベルトはケースからバネ棒でとりはずしできるようになっていて、自由につけかえられる。

 ファクタスデザイン鉢呂文秀代表は、国産機械式時計の名機とうたわれる『オリエントスター』オリエント時計の元チーフデザイナー。腕時計の伝統的なデザインをApple Watchのためのケースに応用しているそうだ。

 たとえばステンレススチール/スムースカーフレザーの組み合わせは、腕時計のスタンダードデザインである角型レクタンギュラー。ケースに金属アレルギーの少ないとされる316Lスチールを使うなど素材にもこだわりがある。

corvin
装着したところ。腕時計っぽい

 考えてみればApple Watchはベルトを交換できるのが売り、腕時計のデザインとしてこだわりを発揮できるケースやベルトは利用者のカスタマイズ次第ってこと。日本製のディテールはアップルにとって案外足りなかったピースだったのかも。

 ちょっとApple Watchが欲しくなったのが正直な感想。ただ、心配なのはこれから進化版の『Apple Watch 2』が出たとき、ディスプレイサイズや端子形状が変わってケースが「いい思い出」にならないかってことなんだけどね……。

●関連サイト
CorVin

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking