2015年06月06日10時00分

お風呂を最高のリラックス空間に変えるBluetooth防水スピーカー『UE BOOM』

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 防水対応スマホの増加とともに、SMSやウェブアクセスはもちろん、音楽鑑賞やテレビ、動画の視聴など、お風呂でスマホを使っている人もかなり増えていると思う。そんなシーンで気になるのが、スマホの“音”。近年ではフロントステレオスピーカーの搭載など、サウンド能力を高めたスマホが増えているが、外部スピーカーにかなう音質には到達できていない。お風呂は1日の疲れを癒すリラックスタイムなので、なるべくいい音で音楽や動画を楽しみたいもの。そこで活用したいのが、防水スピーカーだ。

 防水スピーカーにもさまざまあるが、お風呂で使うならBluetooth接続に対応した製品がいい。防水スマホを持っておらず防水ケースにスマホを入れて使っている場合でも、ワイヤレスで音楽や動画を楽しめる。中でもオススメしたいのが、ロジクールUltimate Earsブランドの『UE BOOM』だ。

UE BOOM
Bluetooth対応防水スピーカー、Ultimate Earsの『UE BOOM』。

 UE BOOMの大きな特徴は、その独特な形状。直径6.5cm、高さ18cmの円筒形ボディーを縦置きで利用することになる。大きさ的には500mlのペットボトルと同程度といった感じだ。サイズは比較的大きいが縦置きのためかさばらず、湯槽のフチにも余裕で置いて使えるだろう。重量は538gとずっしり重いので、縦に置いても安定感がある。

 この重量感は伊達ではなく、パワフルなサウンド再生が可能。実際の再生音はかなり大きく、低音も迫力がある。小さなスピーカーでは真似のできない音だ。また、ステレオ再生に対応しているので音に臨場感がある。360度全方向に音が広がる点も、縦置きという独特な形状ならではの特徴だ。

UE BOOM
本体は直径6.5cm、高さ18cm。縦置きで利用する点が特徴で、360度全方向に音が広がる。
UE BOOM
上面に電源ボタンやBluetoothペアリング用のボタンがある。
UE BOOM
底面には、充電用のマイクロUSBと音声入力端子を用意。
UE BOOM
側面の+とーでボリューム調節が可能。

 防水性能はIPX4相当。これは「防沫形」と呼ばれるもので、全方向からの飛沫(水量1分あたり0.07リットル)に対して浸水がないことを示す。いわゆる”生活防水”レベルではあるが、シャワーの水しぶきなどがあたる程度であれば問題なく利用できる。実際にお風呂で使ってみたが、本体に水をはじく素材を採用しているようで、少しぐらいシャワーの水があたってもラクラク水を弾いて、動作も問題なかった。これなら多少ラフに扱っても大丈夫そうだ。

UE BOOM
IPX4相当の防水性能を備えるので、多少水がかかっても大丈夫。縦置きなので湯槽のフチに置けるのが便利。

 Bluetoothスピーカーはスマホとのペアリング設定が面倒と感じるかもしれないが、その点も心配無用。UE BOOMはNFCに対応しているので、NFC搭載スマホをタッチするだけでペアリングが完了する。

UE BOOM
側面にNFCを搭載し、NFC対応スマホとタッチするだけでペアリング完了。

 なお、スマホ用の専用アプリを利用すれば、イコライザーで音質を調整したり、スマホと連携して目覚ましアラームとして活用することも可能。さらに、UE BOOMを2個用意して連携させれば、デュアルスピーカーとして活用できる点も魅力。バッテリー駆動時間は最大15時間と十分な長さ。お風呂での利用はもちろん、キャンプなど野外に持ち出して使う場合でも安心だ。

UE BOOM
スマホ用専用アプリを利用して音質の調整が可能。好みの音質で音楽を楽しめる。
UE BOOM
アラームとして利用することも可能。好きな音楽で目覚められる。

 量販店などの実売価格は2万3800円前後とやや高価ではあるが、その豊かな音量と音質の良さ、豊富な機能などを考えると、価格の価値は十分にある。お風呂用スピーカーとしてだけでなく、水濡れを気にせずさまざまなシーンで活用できるワイヤレススピーカーとしてオススメしたい。

■関連サイト
Ultimate Ears UE BOOM製品ページ
 

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking