2015年05月20日01時00分

リーン・スタートアップとは:よくわかるスタートアップ用語集

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

『リーン・スタートアップ』

 スタートアップや新規事業立ち上げのためのマネジメント手法のひとつ。連続起業家であるエリック・リース氏が提唱した。Minimum Viable Product(MVP)と呼ばれる必要最低限の機能を持ったプロダクトをユーザーに提供してフィードバックを受けることで迅速に仮説の構築と検証を繰り返し、ユーザーの需要を満たす製品やサービスを短期間に最低限のコストで構築することを目指すこと。リーンとはトヨタ自動車の生産方式に代表される“リーン生産方式”(lean:ぜい肉がなく引き締まった、という意味からムダを排除した状態を指す)に由来する。

スタートアップ用語集

●よくわかるスタートアップ用語集
ベンチャー、スタートアップ界隈で使われている、基本的な用語から、難解な用語までの専門用語を1日1語解説します。
協力:サムライインキュベート

写真:Alessandro Caproni

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking