2015年05月12日11時45分

死後のFacebookアカウントの管理人を生前に指名できる機能が追加

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 「自分がもしものときに……」誰しもに関係がある内容だ。

●Facebookの追悼アカウント管理人の生前指名が可能になった

Facebook

 Facebookにおいて、利用者が亡くなった後の追悼アカウントの管理人を本人が生前に指名できる新機能が日本でも追加された。本機能は米国で2015年2月に新たに追加され、今回世界に先駆けて日本、オーストラリア、ニュージーランドにて提供開始となる。

 以前より利用者が亡くなった場合は、家族や友人からのリクエストに応じて、Facebookは故人のアカウントを追悼アカウントへの変更に対応していた。だが、これまでの追悼アカウントは“追悼”という文字が表示されるという基本的なもので、内容の変更等はできなかった。
 今回の新機能では、これの追加に合わせて追悼アカウントのタイムラインの仕様も変更され、指名された管理人は故人のアカウントのタイムラインで一番上に表示する投稿を設定することなどが可能になった。

Facebook

<指名された追悼アカウントの管理人ができること>

・追悼と表示されたタイムラインで一番上に表示される投稿(例えば、葬儀のお知らせや特別なメッセージを表示するなど)
・まだつながっていなかった家族や友達からの友達リクエストへの対応
・プロフィール写真とカバー写真の変更

 ただし、あくまで追悼アカウントの管理人は故人のFacebookに本人としてログインすることはできず、プライベートなメッセージの閲覧などはできない。利用者本人は追悼アカウントの管理人を指名する際、Facebook上でシェアされていた写真や投稿、プロフィールなどのアーカイブのダウンロードを許可するかの設定ができる。その他の設定は、追悼アカウントに切り替わる前のものが継続される。

 追悼アカウントの管理人のリクエストは、設定ページのセキュリティ→追悼アカウント設定→管理人から。機能の提供はスタートしており、実装は順次となる。

■関連サイト
追悼アカウント管理人を指定できる機能が日本でも利用可能に | Facebookニュースルーム

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking