2015年05月11日21時00分

人気の絵師向けタブレットがBroadwell世代のコアiと512GB SSDを採用っ!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 “場所にとらわれず、より自由な創作環境を実現する”とうたう、ワコムのWindowsタブレット『Cintiq Companion 2』の最上位モデル『DTH-W1310H/K0』が5月15日に発売される。予想実売価格は36万5000円前後。

 

ワコム

 Broadwell世代のCore i7-5557U(3.1GHz、最大3.4GHz)とストレージに512GB SSD、メモリー16GBを備え、レイヤーをガッツリ重ねたイラスト制作でもストレスなくこなせる性能だ。搭載する13.3インチ液晶(2560×1440ドット)は、2048レベルの筆圧感知と±60レベルの傾き感知を備えるので精密な線が描ける。

 サイズは374.1(W)×247.7(D)×17(H)ミリ、重量は約1.7キロとタブレットとしてはかなり大きめだが、自宅では寝室やリビングなどに手軽に移動させて使えそうだ。

■関連サイト
『Cintiq Companion 2』製品ページ

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking