2015年03月06日09時00分

VAIO Zがソニーストアより早く手に入る! 家電量販店での持ち帰りが可能に【情報追記】

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 VAIO株式会社は、マルチフリップ構造採用のハイスペックPC『VAIO Z』小型・軽量なノートPC『VAIO Pro 11』の販路拡大を発表しました。量販店の一部店舗では、本日(3月6日)から店頭持ち帰りが可能になります。

VAIO Z
↑VAIO Z。

店頭持ち帰り可能な“個人向け標準仕様”取り扱い店例
・エディオングループ(エディオン、100満ボルト)
・ケーズデンキ
・ノジマ
・ビックカメラグループ(ビックカメラ、コジマ、ソフマップ)
・PC DEPOT
※ 詳細な販売開始日時は店舗によって異なります。

店頭持ち帰り対象“個人向け標準仕様”モデル
・VAIO Z(VJZ13A9DBJ1B/VJZ13A9DCH1B)
・VAIO Pro 11(VJP1119ATB1B)

 VAIO社は今まで商品の販売業務をソニーマーケティングのみに委託してきました。そのため、ソニーストアのウェブもしくは直営店、一部の量販店でのみ取扱い、注文はすべてウェブ限定となっていました。

VAIO 販路拡大
↑今までの販路。7月1日の設立会見時の発表スライドより。

 本日からは、販路の拡大および一部店舗では当日持ち帰り可能な“個人向け標準仕様”のモデルも用意されるということで、ソニーマーケティングとの独占契約は切れたと考えてよさそうです。

VAIO 販路拡大
↑スペックを問わないなら、店頭で購入した方が早く手に入る!

 なお、記事作成時のソニーストアの納品ステータスは“03月19日頃お届け”となっており、約2週間はかかる模様。店頭で扱われるモデルは標準仕様ということで、SSDの容量やメモリーを増設したり、OSやOfficeなどは選べませんが、すぐにでもモンスターPC『VAIO Z』を手に入れたいという方はぜひお近くの量販店まで足を運んでみてください。

(2015年3月6日16時追記)

 公開された“個人向け標準仕様モデル”によると、当日持ち帰れるVAIO Zの共通スペックはWindows 8.1 Update搭載で、CPUはCore i5-5257U(TDP 28W、2.7GHz、最大3.1GHz)、内蔵GPUはIris Graphics 6100、メモリーは8GB、カラバリは黒のみ。『VJZ13A9DCH1B』と『VJZ13A9DBJ1B』の違いはストレージ(両方ともPCIe×4接続の第2世代ハイスピードSSD)と付属品で、VJZ13A9DCH1Bが128GBでVGAアダプターなし、VJZ13A9DBJ1Bが256GBでVGAアダプターありとなっています。

 なお価格は、例えばビックカメラの某店(2015年3月6日12時ごろ)の場合、SSD 128GBのVJZ13A9DBJ1Bが20万4984円とソニーストアの同構成モデルと同じでした。どちらのストアでも割り引きキャンペーンが実際されているほか、それぞれの定めるポイント付与やクーポンの取り扱いが可能です。

 標準仕様モデルで気をつけたいのは、Windows 8.1 Pro UpdateへのバージョンアップやプリインストールOfficeの有無、512GB SSD、Core i7、そして何よりカラバリが選べないところ。シルバーモデルもしくは本日受注開始日が発表されたBEAMS特別仕様版が欲しい方は、ソニーストアで購入しましょう。

●関連サイト
VAIO.com


 また、アスキーストアではVAIO Zもラクラク入るVAIOコラボカラーの『ひらくPCバッグ』を予約販売中。VAIOの購入を検討されている方は、ぜひこちらもチェックしてみてください!

ひらくPCバッグ 週アス×VAIOコラボ版をアスキーストアで購入
アスキーストアで購入

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking