2015年03月02日11時45分

LTE搭載で単体通信可能なLGの最新スマートウォッチをチェック:MWC 2015

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 バルセロナで開催のMWC2015において、LGエレクトロニクスはプレス向けの新製品発表会を開催。スマートウォッチの最新モデル2機種を発表した。

●『LG Watch Urbane LTE』

 新モデル2機種のうちひとつは、単体でLTE通信が可能な『LG Watch Urbane LTE』。データ通信だけではなく、通話にも対応している。

LGエレクトロニクスのスマートウォッチ最新モデル
↑本体のカラーリングはシルバー1色。ずっしりとした時計らしい高級感がある。
LGエレクトロニクスのスマートウォッチ最新モデル
↑本体はステンレス素材を採用し、スピン加工がなされている。

 OSにはAndroid Wearに通話機能がないため、同社が開発を進めている独自のWebOSを採用。そのため、丸いディスプレーとリューズを搭載しているのは前モデルの『LG G Watch R』に似ているが、そのかにも物理ボタンを2つ竜頭の上下に装備している。このボタンは画面の“戻る”などに対応している。

LGエレクトロニクスのスマートウォッチ最新モデル
↑本体右側面には、竜頭を中心に3つの物理ボタンを装備。
LGエレクトロニクスのスマートウォッチ最新モデル
↑背面は中心部に心拍センサを装備。充電用アダプターと接続する端子もある。

 インターフェースもAndroid Wearと異なり、アプリアイコンなどをらせん状に配置。ディスプレーを指でタッチしてクルクルと回すことで操作していく。

LGエレクトロニクスのスマートウォッチ最新モデル
↑アプリの切り替えや表示速度は実にスムーズ。筆者にはAndroid Wearよりも直感的に操作できると感じた。
LGエレクトロニクスのスマートウォッチ最新モデル
↑通話アプリからダイヤルして、単体で電話がかけられる。

 本体背面に心拍センサーを装備するのは従来モデルと同じ。また充電は専用のアダプターを装着するのも同等だ。
 バッテリーは700mAhと、スマートウォッチとしては大型。ただし利用時間の発表はなく、単体でのLTE通信にバッテリーを消費するため、バッテリー増の効果は未知数。また、前モデルよりも厚みが増えており、男性向けのデザインの印象が強い。

 本体背面に心拍センサーを装備するのは従来モデルと同じ。また充電は専用のアダプターを装着するのも同等だ。
 バッテリーは700mAhと、スマートウォッチとしては大型。ただし利用時間の発表はなく、単体でのLTE通信にバッテリーを消費するため、バッテリー増の効果は未知数。また、前モデルよりも厚みが増えており、男性向けのデザインの印象が強い。

LGエレクトロニクスのスマートウォッチ最新モデル
↑左側面はボタンなどなくスッキリとしたデザイン。
LGエレクトロニクスのスマートウォッチ最新モデル
↑ディスプレー上部にスピーカー、下部にマイクを装備。

 プリインストールされているアプリには、定番のライフログ系アプリのほか、単体で通信可能な特徴を活かして、音声認識による翻訳アプリなどを装備。この翻訳アプリは日本語にも対応していた。

LGエレクトロニクスのスマートウォッチ最新モデル
↑翻訳アプリは日本語も対応。話しかけるだけで翻訳してくれる。
LGエレクトロニクスのスマートウォッチ最新モデル
↑NFCを搭載しており、電子決済も利用可能。韓国の電子決済方式のMobile Cashbee用のアプリが搭載されていた。

 現地ハンズオンで確認したところ、OSの言語表示には日本語が用意されていたが、日本語入力用の機能は見つけられなかった。また、技適マークの表示も、外観やソフトウェア表示では確認できなかった。

LGエレクトロニクスのスマートウォッチ最新モデル
↑メニュー表示などは日本語に切り替えられた。

 本体には外部からアクセスできるSIMスロットはないが、ソフトウェアSIMではなくSIMカードをビルトインしている方式。SIMの情報などはOTAで書き換え可能とのこと。
 ユーザーが気軽にSIMの交換ができないため、格安SIMで運営するなどギーク層が期待しているような使い方はハードルが高そう。また海外では複数枚のSIMに同じ電話番号を振り分けて、同時に着信するシステムが利用できる地域もあるが、日本のキャリアからはサービスされていないので、キャリアでの運営も調整が必要なようだ。

 実際、現地説明員に日本展開を聞いてみても、交渉はこれからといった雰囲気で価格なども未定とのこと。海外での発売は4月を予定しているので、LGエレクトロニクスの日本でのアナウンスに期待しよう。

 そのほか公開されているスペックは下記のとおり。

●ディスプレー:1.3インチ円形P-OLED
●CPU:Snapdragon 400(1.2GHz)
●RAM:1GB
●ストレージ:4GB
●バッテリー:700mAh
●無線:LTE、11/b/g/n、BT4.0 LE、NFC
●センサー:9軸、気圧、心拍


●『LG Watch Urbane』

 もうひとつは、Android Wearを搭載したモデル。通信機能はBluetoothのみで、LTE版と同じくステンレス素材を採用。本体カラーはシルバーとゴールドの2つ。

LGエレクトロニクスのスマートウォッチ最新モデル
↑ゴールドはかなり濃い金。中華圏の市場で人気が出そう。
LGエレクトロニクスのスマートウォッチ最新モデル
↑LTE版と違い、厚みがないので装着時の違和感は少ない。

 円形ディスプレーや各種センサーを搭載するのは前モデルと同じ。ステンレス素材を使用していることで、チープさはなくスタイリッシュなデザインだ。

LGエレクトロニクスのスマートウォッチ最新モデル
↑LTE版と違い、右側面の物理ボタンは竜頭がひとつだけ。
LGエレクトロニクスのスマートウォッチ最新モデル
↑左側面はなにもなし。ステンレス素材でチープさはなし。

 バッテリーは410mAhで、本体の厚さはLTE版よりも薄い。腕の細い人や、大きな時計が苦手な人はこちらがオススメ。充電に専用のアダプターが必要なのは従来モデルと同じだ。

LGエレクトロニクスのスマートウォッチ最新モデル
↑背面には充電用の端子と、心拍センサーを装備。

 残念ながら言語の設定変更や、技適表示の確認はロックされており確認できなかった。日本での展開もふくめて、価格や正式なリリース時期は未定となっている。

 そのほか公開されているスペックは下記のとおり。

●ディスプレー:1.3インチ円形P-OLED
●CPU:Snapdragon 400(1.2GHz)
●RAM:512MB
●ストレージ:4GB
●バッテリー:410mAh
●無線:BT4.0 LE
●センサー:9軸、気圧、心拍。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking