2015年01月22日13時00分

無線伝送量が最大3倍!小型で大音量好き必見のソニー新型スピーカー

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ソニーは同社が独自に開発した高音質コーデック“LDAC”に対応したワイヤレスポータブルスピーカーを複数発表した。

SRS-X55

ソニーの新型スピーカー

 サブウーファーを搭載したワイヤレススピーカー『SRS-X5』の後継機。2月21日発売予定で、予想実売価格は2万5000円前後。2.1chスピーカーとサブウーファーのバランスを調整。ACアダプター接続時の最大出力はSRS-X5の20Wから30Wへ向上した(バッテリー使用時は20W)。新DSP設定で小型ながら最大ボリューム時の音質を改善したとしている。

ソニーの新型スピーカー
↑手前がSRS-X55。見た目は奥のSRS-X5と見分けがつかないほど変わらない。

 高音質デジタルアンプ技術“S-Master”や、圧縮音源をハイレゾ音源相当にアップスケーリングする“DSEE”に対応。また、“NFC”で対応スマホやウォークマンとワンタッチで接続できる。

 Bluetooth A2DPの“SBC”や“AAC”といった従来のコーデックに比べ、最大約3倍の情報量で楽曲を無線伝送できる“LDAC”に対応。なお、“LDAC”は2月14日に発売する予定のウォークマン『NW-ZX2』が対応している。また、すでに発売済みのAシリーズ『NW-A16』、『NW-A17』の2モデルが4月のアップデートで対応する予定だ。

SRS-X33

ソニーの新型スピーカー

 デュアルパッシブラジエーターを搭載し、小型ながら迫力ある重低音を再現する『SRS-X3』の後継機。3月14日発売予定で、予想実売価格は1万7000円前後。

 10W+10Wのスピーカーユニットを新たに採用し、パッシブラジエーターは新形状で搭載。ボーカルの音質を改善しているという。“S-Master”、“DSEE”に加え、“LDAC”に対応する。

ソニーの新型スピーカー
↑カラバリは従来のブラック、ホワイト、レッドにブルーを加えた4色。専用のカバーも別売りで用意されるようだ。
ソニーの新型スピーカー
↑体積比はSRS-X3(右)よりも20%小型化。重量が850グラムから730グラムと120グラム軽量化して、より持ち運びやすくなった印象。

SRS-11

ソニーの新型スピーカー

 防水の小型スピーカー『SRS-X1』の後継機。2月22日発売予定で、予想実売価格は9000円前後。カラバリはブラック、ホワイト、レッド、ピンク、ブルーの5色。

ソニーの新型スピーカー
↑見た目はボールのような外観の従来機(右)と比べ、ほかのモデルと同じく立方体型に刷新。上部には電源、音量調整に加え、スマホと接続した際に電話に応答できるハンズフリー機能用のボタンを備える。
ソニーの新型スピーカー
↑フックに掛けたり、持ち運びに便利なシリコンストラップも付属。

 手のひらサイズながらデュアルパッシブラジエーターやNFCを搭載。10W出力で12時間の長時間連続再生が可能としている。また、背面の“add”ボタンひとつでペアリング。2台でステレオ/2台ともモノラル、といった2つのモードを切り替えられる。

●関連サイト
ソニーのスピーカー製品サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking