2014年12月04日15時55分

ヤフーがIoT開発支援プラットフォームを来春より提供開始 ワイモバイルで製品販売も

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ヤフーはモノとインターネットをつなぐ“IoT(Internet of Things)”の開発支援プラットフォームを来春より提供すると2014年12月4日に発表した。ハードウェア開発者を支援し、ワイモバイルとも連携して製品の販売までを予定する。

 IoTはIDC Japan調べで2020年には約350兆円の市場規模、300億デバイスにもなると予測される分野。ヤフーはおもにIoT製品のハードウェア事業者に対して、製品とウェブサービスが連携しやすくなるよう、サービスやAPIを公開し、提供する。公開するAPIはヤフーサービスだけでなく、国内外のインターネット事業者から協力をつのり、オープンなプラットフォームとなる。ワイモバイルのネットワークやショップの販売網を使った、開発面以外のサポートも提供していく。

Yahoo! IoT

 現在、ティザーサイトがオープンしており、最新情報を得られるメールアドレスの登録を行なっている。

■関連サイト
Yahoo! IoT

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking