2014年07月30日08時00分

iPhoneのパスワードロックをあざむくための秘技、一桁ロックで惑わせる

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 iPhoneをロックしていれば、スリープから復帰するときにパスコードの入力が必要になります。パスコードは標準では4桁の数値を指定しますが、「簡単なパスコード」をオフにすると、アルファベットや長い文字列のパスコードを設定できます。

 パスコードが長くなれば、セキュリティーが向上するという利点があるので、活用している人もいるでしょう。ただ、この機能を利用すれば、4桁よりも短い文字列のパスコードも可能です。たった1桁でも指定できるのです。例えば「4」というパスコードもOK。1桁なので、素早く画面のロックを解除できます。セキュリティー面はやや心配ですが、まさか1桁なんて……と、バレにくいかもしれません。

1:[パスコード]を開く 2:「簡単なパスコード」をオフに
20140731_arai_passcord 20140731_arai_passcord
「設定」アプリを起動したら、[パスコード]をタップして開きます 「パスコードロック」画面で[簡単なパスコード]をタップしてオフにします
3:1桁のパスコードに 4:パスコードを入力
20140731_arai_passcord 20140731_arai_passcord
パスコードは何文字でも入れられますが、ここでは「4」という1文字だけにします 設定後、iPhoneのロックを解除すると、パスコードの入力画面になります。「4」で開きます

 また、ここで紹介しているパスコードロックを短くする以外にも、iPhoneに関するさまざまな活用のTipsを集めた「iPhone 活用の手引き iPhone 5s/5c対応 iOS 7版」が発売中です。メールや電話の知られざる便利機能から、カメラの撮影術、iPhoneの安全対策、トラブルの解決法までを288ページに凝縮。ポケットサイズなので、いつでもどこへでもiPhoneといっしょに持ち運べます。これからiPhoneを使う人も、もっと使いこなしたいという人も、是非お買い求めください。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking