2014年06月04日22時30分

スマホの4K動画をテレビに出力するMHL3.0を勉強してきた

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 MHLコンソーシアムによる、MHL3.0の発表会が開催された。

 MHLとはMobile High-definition Linkの略で、携帯電話向けの映像出力の規格であり、MHLコンソーシアムは、ノキア、サムスン、シリコンイメージ、ソニー、および東芝による、MHL規格を開発し、その普及を促進する団体だ。

MHL

 まずは、シリコンイメージジャパンの竹原氏より、挨拶が行なわれた。

MHL

 続いてMHLコンソーシアムのプレジデントのRob Tobias氏より、MHLのこれまでの歩みと、MHLによってスマホが新しい使い方をされるようになったということ、そして2013年8月に発表されたMHL3.0のアピールが行なわれた。

MHL

 4K解像度への対応はやはりインパクト大。

MHL

 充電にも対応しているので、本体のバッテリーの残量を気にせずに使える。

MHL

 データ転送も高速化。このほか、オーディオやタッチスクリーンにも対応している。

MHL

 ソニーモバイルの『Xperia Z2』や『Xperia Z2 Tablet』、ソニーのブラビアなどがMHL3.0に対応している。

 会場ではデモも行なわれた。

MHL

 こちらは実際に4Kの動画をテレビに出力しているところ。しかも本体への負荷もそれほどでもないということで、かなり快適に再生されている。

MHL

 ゲームも遊べる。コントローラーはスマホ側と接続しているが、遅延はほとんどないとのこと。

MHL

 ヘッドマウントディスプレーにも出力できる。

MHL

 タッチセンサーにも対応。ただ、現時点では対応端末が少なく、Bluetoothによる制御となっている。

■関連サイト
公式サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking