2014年05月15日19時30分

座る、立つ、歩く、走る 活動時間の内容が細かくわかる『Polar Loop』がステキ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 こんにちは。ライフログ大好き女子のナベコです。ソニーの『SmartBand』の発売がせまる中、歩数や活動時間、消費カロリーなどを記録するライフログリストバンドは依然注目が高まってきています。発売中の製品で言うとNike+FuelBandやJawboneのUpが有名ですが、ほかにも国内で購入できる製品がいろいろと登場してきていますので、私が注目しているライフログリストバンドを紹介します。

Polar Loop
POLAR LOOP

 こちら、心拍数センサーなどフィットネス用の機器を扱うポラールから登場したライフログリストバンド。実売価格は1万3000円前後。水深20メートルまでの防水仕様で、水泳中も着用できます。別売りの心拍モニター『Polar H6 心拍センサー』を使用すると心拍データと連携できるのが特徴。

POLAR LOOP

 LEDで文字が点描されるのがNike+FuelBandと似た雰囲気。カラーはブラック1色です。

POLAR LOOP

 Nike+ FuelBandと違うなと感じるのは厚み。LEDが表示される本体部以外のベルトはFuelBandよりずっと薄いので、着用感は少なく日常使いに違和感がないです。

POLAR LOOP

 ディスプレー脇にボタンが設置されていて、押すとLEDでログデータや時計が表示されます。

POLAR LOOP POLAR LOOP
POLAR LOOP POLAR LOOP

 歩いた歩数や消費カロリー、現在時刻のほか、1日の活動が目標に達するまでの割合を表示します。

 ログの詳細はiPhoneやPCと同期して確認できます。iPhoneだけで十分にログは見られるのですが、リストバンドを初期設定するときにはPCとの接続が必須になります。“Polar Flow”ウェブサービスにログインし、ガイダンスに従って個人データやトレーニングの目標を設定します。一度PCで設定すれば、その後は“Polar Flow”アプリを使用してiPhoneとBluetoothで無線同期ができます。

POLAR LOOP

 iPhoneの“Polar Flow”アプリの画面。特徴は1日の活動が円形の表で示されること。活動のサイクルが一目瞭然です。

POLAR LOOP

 一番いいなと思うポイントは、細かい活動内容まで検知するところ。横になっている時間、座っている時間、立っている時間、歩いている時間を区別して計測。ポラールがもともとフィットネス分野に強いのもあってか、内蔵の3D加速度計が動作のかなり精細な測定をするようです。単に歩数や活動量だけでなく、一日のうちにどれくらい座っている、立っているかを自覚することができます。

POLAR LOOP

 画面を下にスクロールしていくと消費カロリー、歩いた歩数、距離、活動した時間、休んでいる時間が表示。浅い眠り、深い眠りなど睡眠の質の区別は計測しません。

POLAR LOOP

 これはとある1日の活動記録。フキダシから出ている三角マークはなんでしょう。ちなみに、表は24時で日付けが切り替わるので、深夜時間帯に活動すると前日の活動との区別がパッと見わかりずらいです。

POLAR LOOP

 三角マークは座りっぱなしの低活動の状態が1時間続いたので発せられたアラート、パソコンを一生懸命操作していていも活動とは認識されないようです。当たり前ですが(汗)。1日のうちにこんなにたくさんアラートが発せられるとは……。三角マークが出ないようにたまに階段の上り下りとかカラダを動かさなくては、と促してくれます。

POLAR LOOP POLAR LOOP

 バッテリーのもちはというと、満充電で最大6日間ほど連続使用が可能。これはほかのライフログリストバンドと比べて平均的かやや短めといったところ。充電は専用のUSBケーブルを本体のディスプレー裏側に接続します。

POLAR LOOP POLAR LOOP

 もうひとつ特徴的なのが、Polar Loopはワンサイズだけなので自分でベルトを切ってサイズを調整します。金具部分を取りはずして、腕の長さに合わせて切ってと、やや面倒ではありますが、ジャストサイズに調整できるのが魅力。ライフログリストバンドはフィット感がよくないとスポーツ時も含め毎日身につけるのが苦になるので。

POLAR LOOP

 見た目がクール、動作の詳細測定がナイスなPolar Loop。防水性能が高いライフログリストバンドとしてはほかに『Misfit Shine』くらいしかなく数は少ないので、これからの季節、水泳での運動記録を残したい人におススメです。心拍計との連携もできるので、運動強度を測定して本格的なトレーニングをしたい人にも向いています。

Polar Loop
・販売メーカー:ポラール・エレクトロ・ジャパン
・実売価格:1万3000円前後
・対応スマホ:iPhone(iOS 6以降のiOS端末)
・対応OS:Windows XP、Windows7、Windows8、OS X 10.6、OS X 10.7、OS X 10.8

■関連サイト
ポラール・エレクトロ・ジャパン

※2014年5月30日10時追記 初出時、社名の表記で謝りがございました。お詫びして訂正いたします。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking