2014年03月11日14時00分

Xperia Z2とウェアラブル、IoTは今後どうなる?~覆面座談会:MWC2014

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 2週間ほど前、バルセロナで行なわれていた世界最大のモバイルの展示会『Mobile World Congress(MWC)2014』。
 その最終日、毎年恒例となっているライター・編集者の密会が開かれました。

MWC2014 覆面座談会

 毎年テーマを決めて、さまざまな意見を交換するのですが、今年のテーマは“Xperiaとソニー”“ウェアラブル”。今年も厳しい意見が飛び交い、とてもまとめきれませんが、その中でも重要な意見を抜粋してご紹介します。

 ちなみに昨年のテーマは“NFC”と“第3のOS”。当時のレポートはこちら(関連記事)からご覧ください。

●Xperiaとソニーについて

MWC2014 覆面座談会

「世界シェアナンバーワンのサムスンが広いブースを構えているすぐ近くで、以前までは小さく開いていたソニーのブースが盛り上がっていたのは非常に印象的

「Xperiaは“ハイレゾ再生”と“4K動画撮影”の対応。トレンドを着実におさえてきた印象

「ソニーはVAIOを売却してしまったぶん、余計に注目度が高かった

MWC2014 覆面座談会

「新興国向けモデルであるXperia M2は若干ターゲットの定まっていない感じ。Z2の4K動画撮影も使うシチュエーションやユーザーを想像しづらいところも」

●ウェアラブルについて

MWC2014 覆面座談会

「今回展示されているウェアラブルは、10年前にMP3プレーヤーを、5年前に電子書籍リーダーを、そして数年前に中華パッドを展示していた人たちがつくっている

「ソニー(SmartBand)もサムスン(Gear Fitなど)も含めてハード的にできることはどれもほぼ同じ。これからは、得た情報で何をするかが重要になる

「個人情報過ぎてうまく使いこなせていない印象もある。ビッグデータと同じく各社取り扱いに苦労している印象

今はウェアラブルと“IoT”(※)が混在している。キチンと分別して議論をしないと結局は迷走してしまう。今回発表された多くは“IoT”だと思う」

「今かなり年上の人でも“インターネット”って言葉を使っているように、言葉は変わるだろうけど“IoT”の概念っていうのは徐々に広がっていくのでは

高齢者でも無意識で使える“IoT”か“ウェアラブル”をどこが先に出すか楽しみ」

※IoT……“Internet of Things”の略称。パソコンやプリンターなど既にインターネットにつなっがたものではない、現実にあるものをつなげる技術やジャンルのこと。

※2014年3月11日15:00訂正 Xperia M2についての文章を修正いたしました。

 なお、好評発売中の『週刊アスキー3/25号 No.971』では、さらに新興国向けスマホについてを含めたさらに深い話を現地の出展状況を交えて掲載しています。2014年のモバイルを語るなら必見の内容となっておりますので、ぜひ最寄りの書店や駅売店、コンビニ、Amazon、Newsstandなどでお買い求めください!

週刊アスキー 週刊アスキー
Amazonで購入は表紙をクリック
Kindle版はこちらの表紙をクリック

週刊アスキーはNewsstandでも配信中!
Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking