2014年03月13日16時30分

部屋でアラスカのオーロラを満喫 3000円台のHOME AURORAを使ってみた

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 突然ですが、仕事や日常生活でプラッシャーがたまると、ふとすべてを投げ捨ててどこか遠くへ行きたくなりませんか。誰も知る人がいないどこか遠くへ……。

そうだアラスカに行こう

HOME AURORA

HOME AURORA(ホームオーロラ)
●セガトイズ
●予想実売価格3700円前後
●発売予定日3月27日

 こちら、プラネタリウムのように光を投射してオーロラを再現する『HOME AURORA』。家庭用プラネタリウム“ホームスター”シリーズを手掛けるセガトイズさんの新ジャンルです。ヘルメットを思わせる形状で、本体カラーはホワイトとネイビーの2色。

HOME AURORA

 魅力のひとつは3000円台という価格。アラスカやカナダに行ってオーロラを見るには数十万円もかかりますが、『HOME AURORA』は飲み会1回ほどの価格(すみません、酒好きなのでこんな換算)でオーロラ体験ができちゃいます。 プラネタリウムのホームスターシリーズにもオーロラ投影機能がある『HOMESTAR AURORA』(実売価格6200円前後)はありますが、オーロラ機能に絞っているためか、『HOME AURORA』のほうがお手ごろ価格。また、ホームスターシリーズではできないオーロラの光の変化を楽しめます。

オーロラは凸凹のLED発光部で再現

HOME AURORA

 オーロラの光はどのように再現されるのでしょうか。ちょっと内部を確認。
 取り外し式の透明カバーを開けると内部にはパターンディスクがあります。こちらはLED点灯時にモーターで回転します。

HOME AURORA

 パターンディスクを取り外すと、LED発光部があますが、フィルターがデコボコしています。この曲面をとおすこによって、ゆらぎがあるオーロラの光を再現するのですね。

オーロラを会議室で見る

HOME AURORA

 さて、実際に会社の会議室に『HOME AURORA』を設置しました。投影角度は本体底面のスタンドで調整できるので、このように置いて壁に投影します。投影距離は最大約2メートルなので、天井に投影する場合は少し高い位置に設置する必要があります。投影サイズは最大直径約3メートル

スイッチオン!

 本体上部の電源ボタンを押します。すると……。

HOME AURORA

あら

HOME AURORA

あららら

HOME AURORA

あらーん

HOME AURORA

あららららららららイッツアラーーースカ!

 おぼろげな光がパターンディスクの回転により、ゆっくりとカタチを変えて行きます。なんとも幻想的。時間が止まったように魅入られてしまいました。アラスカどころかずっと遠い惑星に行ったように心が浮遊します。光のパターンは電源ボタンを押すことで、緑、赤、青、それぞれのミックスに切り替えることができます。

光のゆらぎが美しい

HOME AURORA

 凸面のフィルターにより再現される光のゆらぎが魅惑的。60分タイマーのオートオフ機能もあるので、お布団に入って睡眠時に使用するのも便利。いい夢見れそう!
 『HOME AURORA』は3月27日発売予定。私は今後、仕事から逃げ出したくなったときは会議室で『HOME AURORA』を使いアラスカに逃避します!

●関連サイト
セガトイズ

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking