2014年01月29日15時00分

オリンパスからWiFi搭載エントリーミラーレス『OM-D E-M10』が登場!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
20140129_om-d
20140129_om-d

 オリンパスの『OM-D』シリーズからエントリーモデルとなる『OM-D E-M10』が2月末より発売開始となります(ブラックモデルは3月発売)。価格はボディーのみが8万円前後、14-42mmレンズキットが9万5000円前後、14-42+40-150mmダブルズームキットが11万円前後。

 ミドルクラスとなる『E-M5』との違いとしては、WiFiを搭載したことでスマホとの連携が可能になり、スマホによるリモート撮影が可能になりました。ほか、E-M10では防滴・防じん機能がなくなり、手ブレ補正が5軸から3軸にランクダウンしているぶん、初出時の価格が安くなっている。

20140129_om-d
20140129_om-d

 また、OM-Dシリーズとしては伝統となっている見やすい大型EVF(144万ドット)を搭載。ファインダー倍率が約1.15倍(35ミリ判換算0.57倍)、アイポイントは20ミリでミラーレス機ながら被写体への没入感も楽しめる1台です。さらに、ペンタ部にはOM-Dシリーズでは初となる内蔵フラッシュを搭載。

 画質面では、E-M5と同じ“16M Live MOSセンサー”、エンジンではフラッグシップモデルとなる『E-M1』と同じ“TruePic Ⅶ”を採用。それにより、デジ一眼を超える解像感と高感度を実現しています。

■おもなスペック
撮像素子 4/3インチLive MOSセンサー
有効画素数 1605万画素
ディスプレー 3インチ可動式液晶(約104万ドット、タッチ対応)
手ブレ補正 ボディー内3軸手ブレ補正
通信機能 IEEE802.11b/g/n
インターフェース マイクロUSB、マイクロHDMIほか
バッテリー駆動 約320枚
サイズ/重量 119.1(W)×45.9(D)×82.3(H)mm/約396g(撮影時)

■関連サイト
オリンパス
 

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking