2013年12月07日11時00分

ホンダ×スマホ 奇跡のコラボでエアバッグ搭載スマホケースが誕生!?

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 過去にスマホを落として画面にヒビが入ったことってありませんか? そんな恐怖と完全にサヨナラできる『Smartphone Case N』をホンダは開発したようです!!

 その開発秘話がのっているサイトに動画があったで、さっそくのぞいてみました。

最強ケース誕生
非売品です。でも欲しい

 ホンダに勤めるひとりの開発者が、買ったばかりのスマホを落とし画面を割ってしまった……。そんな彼は同じ悲しみを経験しないために開発に明け暮れます。

開発に明け暮れる日々
宮沢 信二氏

 データを集めるため、スマホを壊すことから始めた彼は、徹底的に落とす器械を開発、実験を重ねます。

連続でスマホを落とす機械
壊すのってもったいないような
ポケットからの落下検証
普通に落とすのとは違うのだろうか……

 そして衝撃吸収といえばエアバッグという結論に達するのですが、落下するとき確実に展開するケースの設計に苦心していました。

高所落下テスト
ここまでの高さは必要あるのか……
対人用巻き取り落下テスト
巻き取り速度は4km/h~80km/hまで調整可能

 最終的に行きついたのは、全席合計6ヵ所からエアバッグで包み込むホンダの『N-WGN』という車の技術を使うこと。

 ホンダの技術で、加速度センサーにより0.2秒で6つのエアバッグが展開。スマホを確実に包み込みます。

一瞬で6つのエアバッグが展開
開く時間はわずか0.2秒

 

実際の動画はこちら

 本当にワクワクさせる展開で、やや大きいけどいくらなのかな? と思ったら、動画画面の右下に小さく、
※この物語はフィクションです
と書かれていました……。

 最初からスマホを壊しまくるなんてありえないって思っていたんですが、動画終わりの笑顔で少し感動してたんです。

 「無事開発成功したんだな、えがったえがった」と思った直後のフィクションです。感動した気持ちをどこへやればいいのか、わからなくなりました。

 こんな立派なフィクション動画までつくって、ホンダは何がしたかったのかというと、『N-WGN』のエアーバッグが6つ同時展開で安全というのを伝えたかったみたいです。

N-WGN

 いっけんくだらないように見えますが、もしこの動画で使われているエアーバッグ付きケースが本物だったら凄い技術ですよね。その技術にじぇじぇじぇ!! と驚かされる日も、そう遠くないかもしれません。

●関連サイト
Honda N STORE

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking