2013年10月02日22時00分

E Ink版スマートウォッチをソノースターが展示 1月国内発売:CEATEC2013

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 10月1~5日、千葉県・幕張メッセにて開催中のIT・家電の総合展示会“CEATEC JAPAN 2013”にて、ソノースターが電子ペーパー“E Ink”採用のスマートウォッチを展示しています。

E Ink採用スマートウォッチをソノースターが展示 1月に国内発売:CEATEC2013
↑CEATEC JAPAN 2013のソノースターブース。

 ソノースター(Sonostar)はゴルフ用のGPSナビなどで知られる台湾企業ですが、電子ペーパーで有名なE Ink社と組んでスマートウォッチ市場に参入。6月のCOMPUTEX TAIPEI 2013に展示したスマートウォッチを、日本のCEATEC JAPAN 2013にも展示した次第です。

E Ink採用スマートウォッチをソノースターが展示 1月に国内発売:CEATEC2013
↑ソノースターのスマートウォッチ。日本語も表示可能になった。

 ソニーのSmartWatchシリーズやサムスンのGALAXY Gearなど、昨今ではスマートウォッチが急速に盛り上がりつつあります。そのなかでソノースターの特徴は、1.73インチ・320×240ドットの電子ペーパーを採用していることです。

 E Inkの電子ペーパーはKindleにも採用されており、一般的な液晶ディスプレーに比べて省電力で、直射日光下でも見やすい点が特徴。使い方によっては1週間のバッテリー駆動が可能としています。

 特に電子ペーパーが優れている点として、静止画面をわずかな消費電力で表示し続けることができることです。これはつねに時計を表示しておきたいスマートウォッチにもってこいの仕様と言えます。

 ブースではBluetooth通信でスマートフォンと連携する機能をデモしていました。スマートフォン側はiPhoneとAndroidの両方に対応しています。

E Ink採用スマートウォッチをソノースターが展示 1月に国内発売:CEATEC2013
↑Androidと連携し、スマホのアプリから通知などを受けとれる。

 ブースに展示した実機はまだタッチ操作に対応していないものの、出荷される製品ではタッチパネルをサポートするとのこと。

 また、製品名はこれまで単に“SmartWatch”と名付けられていましたが、発売にあたっては“Sonostar”という社名を製品名に含めることを検討しているそうです。

E Ink採用スマートウォッチをソノースターが展示 1月に国内発売:CEATEC2013
↑カラーはブラックとホワイトの2色。

 気になる日本での発売は、来年1月の予定。まずは2013年12月より量産を開始し、1月からは全国の家電量販店で購入できるようになる予定とのこと。米ドルでの価格は179ドルと発表されていましたが、日本円では1万8900円となっています。

E Ink採用スマートウォッチをソノースターが展示 1月に国内発売:CEATEC2013
↑2014年1月に発売予定、価格は1万8900円。

 防水性能もあることから、アクティブな用途にも活用できるとか。日本で購入できるスマートウォッチとして、注目の1台となりそうです。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking