2013年09月12日01時00分

“Bay Trail-T”Atom Z3000発表 インテルタブレットの反撃開始

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
Bay Trail
Bay Trail

 インテルはタブレット用の最新CPU、Atom Z3000シリーズ(開発コードネーム:Bay Trail-T)を発表。Bay Trailは、Bay Trail-Tのほか、低価格ノートPC用のBay Trail-M(Pentium N3000シリーズ、Celeron N2000シリーズ)、低価格デスクトップ向けのBay Trail-D(Pentium J2000シリーズ、Celeron J1000シリーズ)を用意している。

 いずれもSilvermontマイクロアーキテクチャーを採用し、22nm世代のCPUコアを2~4個積載。グラフィックはIvy Bridge世代のインテル純正GPU、Intel HD Graphics(EU数4基、DX11サポート、最大667MHz)を内蔵。タブレット向けCPUとして、かなり本気度の高いSoC(System on a Chip)と言える。

 なかでもIFA2013で発表された東芝の8インチタブレット『Encore』(参照記事)にも採用されていた、Bay Trail-Tこと、Atom Z3000シリーズはClover Trail世代のAtomと比べ、省電力でありながら性能は最大で5倍近く向上している。

Bay Trail Bay Trail

 映像出力解像度は最大2560×1600ドットとWQHD(2560×1440ドット)を超え、OSはAndroidもWindows8.1もサポートする。

Bay Trail

Atom Z3000シリーズラインアップ

Bay Trail

 Atom Z3700番台はクアッドコアで、Atom Z3600番台はデュアルコア。型番末尾にDが付くモデルはメモリーがシングルチャンネルとなる。

 また、Bay Trail-TはIntel Burst Technology2.0に対応し、CPUとGPUは負荷に応じてダイナミックに動作クロックが変動し、無駄なく最適な性能が発揮できるようになってる。これにより、タブレットのバッテリー駆動時間を効率よく使える。

Bay Trail

 IFA2013でお披露目したBay Trail-T搭載製品の数々はいずれも年内には登場するだろう。タブレットといえば、従来はAndroidとARMの組み合わせが一般的で、インテルは1歩出遅れていた印象だが、CPUもGPUもアーキテクチャーも一新したBay Trail世代のSoCで巻き返しを図る。

■関連サイト
インテル

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking