2013年06月09日18時30分

WWDC直前!iOS7のフラットUIをWindows Phoneから読み解く|Mac

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows Phoneはタイル上のフラットUI

 6月10日から始まるWWDC 2013では、ジョナサン・アイブが陣頭指揮をとって開発されたiOS7がお披露目される予定です。次期iPhoneと噂されている5Sは、ボディーデザインなどは5とほぼ同じと言われているので、目玉がiOS 7になるのは間違いないでしょう。

 ジョナサン・アイブは、テクスチャーや写実的なインターフェースを排除すると言われていますが、そもそもフラットUIとはどのようなものなのでしょうか。

 実は、米マイクロソフト社が開発しているWIndows PhoneやWindows 8もフラットUIの一種と言われています。ここでは、Windows Phoneのインターフェースを見ながら、フラットUIとはどういうものなのかを紹介していきます。

ホーム画面
 Windows Phoneは、タイル式のフラットな画面デザインを基調としています。また、画面の下方には左から、「戻る」「スタート」「検索」の3つのボタンを必ず備えるのが特徴的です。

MacPeople 201307

 

 「戻る」ボタンを長押しすることで、現在起動中のアプリの画面の一覧が表示されます。画面を左右にフリックして目的アプリを選び、そのアプリをタップすれば、直ちに画面を切り替え可能です。

MacPeople 201307

 

音声操作
 「スタート」ボタンを長押しすると、音声による操作画面が表示されます。相手を指定して電話をかけられるのはもちろん、アプリの名前を音声で指定して起動することも可能です。

MacPeople 201307

 

検索機能
 「検索」ボタンは、「bing」の検索画面を開きます。ウェブブラウザーとは別にウェブ検索機能がいつでもワンボタンで呼び出せるのは便利でしょう。bingでは、日替わりの写真やまめ知識も提供してくれます。

MacPeople 201307

 

スタート画面
 スタート画面のタイルには、画面からはみ出しています。それはその方向にタイルが続いていることを示していて、画面をフリックすればスクロールしてすべてのタイルを表示できます。レイアウトの底には右矢印があり、タップすればアプリ一覧が表示されるようになっています。

MacPeople 201307

 

タイル
 スタート画面に登録されているタイルも、長押しすることで操作できます。タイルの右上角に表示されるボタンをタップすれば、スタート画面から削除可能です。また、右下のボタンをタップすればタイルの大きさを変更(この場合は拡張)できます。

MacPeople 201307

 

画面インターフェース
 文字の大きさやスタイル、配置を工夫することで機能を表現しています。スイッチなどのコントロール類のデザインも、写実的ではなく非常にシンプルです。

MacPeople 201307

 

 

MacPeople7月号
WWDC2013を人より楽しむ完全ガイド
Amazonで購入は表紙をクリック

 MacPeople7月号(5月29日発売)では、基調講演での注目キーワードやキーノート予想タイムスケジュール、アップルの重要人物紹介など、WWDC2013をより楽しむための事前予習として使える特集を掲載しています。ソフトウェア編はその第3部となり、Windows Phoneはもちろん、AndroidやTizen、Firefox OS、Windows 8など、最新のスマホ/パソコン用OSのユーザーインターフェース(UI)ついて詳しく紹介しています、MacPeople本誌で予習をしつつ、WWDC本番に臨みましょう!

WWDC2013生中継します!
毎年恒例の週アスの生中継、今年はニコ生で配信。もちろん現地との中継を交え、大勢のゲストとともに解説をしていきます。予約を忘れずに!

【MacPeopleデジタル版をNewsstandでも配信中!】
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円で読めます

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking